若白髪は老けて見られる

10代などの若白髪は老けて見られることがあります。白髪があるかないかが、見た目の年齢に大きく影響していることはよく知られています。私が高校生だった頃にも、白髪が目立つ女子学生が何人かいました。彼女たちに共通していたのは、強いパーマをあてていたり、髪をかなり乾燥させる生活習慣だったりでしたが、一番多かったのは、親御さんも若白髪だったということです。

若白髪の原因

 

通常日本人が白髪になる年齢は、女性も男性も30代半ばだそうです。加齢などで髪の毛に色をつけて黒くするメラノサイトの働きが失われ白髪が生えてくるのですが、若白髪の原因はどうやらそれだけではないようです。

遺伝と関係がある?

若白髪の原因は遺伝という可能性が高いと言われています。若くして薄毛になったりハゲたりする場合、親からの遺伝が疑われることが多いですよね。それと同じく、若白髪などの頭髪に関することも、遺伝が関係している可能性が高いと考えられています。両親の家系のどちらかまたは両方が若白髪だった場合は、遺伝かもしれません。
もし、遺伝だと分かったからすべてを受け入れて諦めてしまうのも1つの方法ですが、家系的に若白髪だからと言って必ず若白髪になるとは限りません。若白髪になりやすい体質を持っているというのがわかっているというだけなのです。

遺伝以外の原因もある?

若白髪の原因で他に考えられるのは、過度のダイエット・睡眠不足・受験などのストレス・何らかの疾病などです。
円形脱毛症がストレスと関係していることは知られていますが、若白髪の場合も何かのストレスが原因かもしれません。ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れ、頭皮への栄養がいきわたらなくなります。それが白髪の原因とも考えられます。日頃から、上手にストレスを解消する方法を考えましょう。

若白髪になる原因

ダイエットと若白髪

若い女性は無理なダイエットをしがちですが、それが原因で若白髪が増えているとも言われています。無理なダイエットをすると栄養不足になり、髪にも栄養がいきわたらなくなります。若い時には髪だけではなく全身に様々な栄養が必要な時期ですから、過度なダイエットはしないようにしましょう。
おしゃれをしたいからとか、綺麗に見せたいからとかという理由で簡単にダイエットを始める方も多いと思います。食事の量を減らすことで自分の体重が減ると信じて、太ってしまった原因を考えることなく、プロの指導もないままにセルフコントロールすることは危険です。管理された安全な状態で食事改善を行うのであれば、効果的だと思いますが、人気のダイエットなどを勝手に無理をして実行することはお勧めできません。
食事をとらないことは、栄養不足になって体重が減っているだけで、本当の意味でのダイエットにはなっていないのです。その結果、栄養不足からくる様々なダメージ症状に陥ってしまいます。髪の毛も生きた身体から生えてくるものですから、黒髪にするためや頭皮環境を整えるためには栄養素が必要なんです。
少ない栄養を、真っ先に毛髪のケアにまわす指示は、身体が出してはくれないでしょう。体はその仕組み上、生命維持に重要な場所から順に、食事で得られた栄養を補給していくからです。毎日の食べ物や食品を見直すことは必要ですが、体に負担のかかるダイエットは、決して体に良くありません。栄養不足や栄養失調を招く恐れもあり、メラノサイトに栄養が行き届かなくなるとメラニン色素が作られなくなり、白髪の出現ともかかわってくるのです。
また、過度のダイエットは抜け毛を増加させることもあります。栄養がいきわたっていないのですから当たり前ですが、髪の老化を促進しないように、行き過ぎた食事制限やバランスの悪い食生活には気をつけましょう。ダイエット中でなくても、白髪を予防・改善する食べ物を意識して普段から摂取するのもいいですね。

ストレスと若白髪

ストレスと若白髪

どんな人でもストレスフリーではありません。自分がストレスだと思っていなくても、身体がストレスを感じていることはあります。仕事や受験、親子関係や友達関係などの人間関係もストレスの原因になります。当たり前の日々でストレスを感じていて、気がつくと若白髪になっていたという方もいると思います。
ストレスは自律神経などに悪い影響を与えると言われています。円形脱毛症として現れる場合はわかりやすいのですが、若白髪の場合はダメージに気がつきにくいです。ストレスやショックは体の血行を悪くして頭皮や毛髪に十分な栄養がいきわたらなくなり、その影響が若白髪や白髪として現れることがあるようです。ミネラル不足になると、メラニン色素を合成する酵素の働きが悪くなり、白髪になる可能性があります。
頭皮の健康のためにはストレス解消が必要ですね。簡単なストレス解消法は、頭皮マッサージ、十分な睡眠をとる、腹式呼吸をするなど色々です。ペットと触れ合う、植物をいじる、大型家電店へ行く、大声を出す、本を読む、好きなものを食べる、運動をするなどなど・・・自分のペースでできるちょっとしたストレス解消対策を身につけておきましょう!

若白髪を染めたいと思ったら

10代・20代で白髪が気になった時には、抜いたりしないで、根元から切りましょう。抜くと毛根の周辺が炎症をおこすリスクがあります。そしてなるべく気にしないようにして、食生活改善やストレス対策などを考えましょう。もし、全く思い当たることがない若白髪の場合は、何らかの疾病が関係しているかもしれませんから、医療機関に相談してください。

 

若ければ若いほど白髪は気になります。若白髪を染めたいとか白髪を目立たなくしたいと思われたら、できるだけジアミン系の酸化染料が無添加の白髪染めを使うことをおすすめします。若白髪の方は白髪染めをする期間が長くなる可能性がありますから、アレルギーの危険性があるジアミン系の酸化染料に触れる機会を極力減らした方が安全です。ジアミン系の酸化染料は、継続して使うと突然アレルギー皮膚炎の症状が現れる時があります。ジアミン系の酸化染料が使用されていない白髪染めでは、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなどが最近のトレンドです。どちらも、毎日素手で使用できるくらい地肌や髪の毛に優しい処方で作られていますので、若い方からシニアの方まで幅広く人気があります。

 

どうしても、ジアミン系の酸化染料が入っている市販のヘアカラーやおしゃれ染めなどを使いたい場合は、毛染めをする前に毎回必ずパッチテストをしましょう。

 

【関連記事】
白髪になる原因
白髪を予防する方法
白髪を抜くと白髪が増える!
白髪になるともう黒髪には戻れない?

 

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。