紫外線対策と白髪予防

紫外線と白髪には関係があるのでしょうか?紫外線が頭皮や髪の毛に与える影響を調べてみました。

頭皮と紫外線

紫外線が肌に与えるダメージは良く知られています。日焼けしたり、シミやシワが増えたりするのを防ぐために、多くの方が顔などに日焼け止めクリームを塗るなどして、紫外線を防いでいます。頭の髪の毛には頭皮への紫外線を防ぐ効果があります。しかし、顔と違って体のてっぺんにある頭皮に届く紫外線量は、顔に届く紫外線量の2倍以上ともいわれています。そのようにたくさんの紫外線を浴びている頭皮や髪を、紫外線から守っていますか?髪の毛や頭は大丈夫と思っている人が大半だと思います。
髪の毛の成分は主にアミノ酸のシスティンが結合してできたタンパク質なのです。この結合している部分を紫外線が分解してしまうのだそうです。そして、髪の表面を覆っているキューティクルがだんだんと剥がれていき、髪のダメージが広がっていくのです。

紫外線対策で白髪予防

色素幹細胞の老化

髪の毛はメラニンというもので黒く色をつけられます。色素幹細胞によってつくられた色素細胞により、メラニンはつくられますが、歳をとったりすることによって、色素幹細胞が傷ついてなくなっていくことが、白髪になる原因と言われています。色素幹細胞を守るためには、紫外線による活性酸素の発生や、紫外線によるDNAの損傷を防ぐ必要があります。つまり頭皮を紫外線から守ることが大切になります。色素幹細胞の老化は、紫外線を浴びることで促進されていきます。頭皮の皮膚は、身体の中でも厚いと言われていますが、それはいつも太陽にさらされている頭皮を紫外線のダメージから守るためなのです。

光老化とは

スポーツなどで長時間太陽の下にさらされている人は、髪の毛が変色しているのを見たことはありませんか?あれは紫外線の影響で、髪の中のメラニン色素が破壊されておこる現象です。
わたしも学生時代にテニス部に入っていましたが、今の部活と違ってスパルタタイプの活動でしたから、帽子をかぶって優雅にボールを追うような感じではありませんでした。部活2年目の夏、美容室で髪の毛を切ろうとしたら、「髪染めてますよね?」と聞かれました。自分では気づかないうちに少しづつ頭髪が日に焼けていて、美容師さんには茶色に染めているように見えたそうです。自身は毎日鏡を見ているので髪色の変化に気づかなかったのです。その時から、紫外線の怖さと影響の大きさに気がつきました。紫外線は、髪の毛の色のもとになっているメラニン色素も破壊していまうそうで、日焼のし過ぎは髪の毛が赤茶色になる原因でもあります。
また、髪の分け目のあたりに白髪が多い人も、紫外線によるダメージだと言われています。もっとひどくなると、メラノサイトという色素細胞が、紫外線によるダメージで髪の毛に色を付ける事が出来なくなって、白髪になったりします。つまり、紫外線は頭皮の色素幹細胞のDNAを損傷させるダメージを与えるのです。これらの現象は、光老化と言われ、光を浴びることによって起きる老化現象なのです。

髪の毛の紫外線対策

紫外線対策

白髪を予防したり、これ以上白髪を増やしたくないと思ったら、私達が顔や体を紫外線から守っているように、頭皮や髪の毛にも紫外線対策が必要になってきます。だからと言って体にぬっている日焼け止めクリームを髪や頭皮にぬることは難しいです。
髪の毛の紫外線対策には、日焼けをしないためのケアと、日焼をした後のケアがあげられます。毛髪はすでに死んでしまった細胞ですから、なるべく日焼しないような工夫が必要になります。
頭皮への紫外線対策としては、外出する時間帯を紫外線が強い時間(10時から14時くらい)をさけてすることや、外出の時には、日傘や帽子で髪や頭皮を守るというのが基本になります。帽子は、熱を吸収しにくい薄い色味のものがおすすめです。つばの広さも広いほうが有効です。日傘や帽子にもUVカット加工がされているものを選びたいですね。
最近では髪の毛用のUVカットスプレーも多く販売されていますから、そちらを試してみるのもいいですね。利用目的によって、汗や水に強いタイプ、子供でも使えるタイプ、顔にも髪にも使えるタイプなどがリーズナブルな値段で手に入ります。子どもと一緒に海やプールへ行くときや、夏のレジャーに大活躍します。無添加・紫外線散乱剤フリーなどの嬉しい処方のものもありますから、長時間戸外に出る方も安心です。UVカットスプレーと帽子や日傘を併用して使うとさらに効果があります。
経験がある方も多いと思いますが、海水浴の後などは、髪のダメージが気になりますよね。それは海水に含まれている塩分などによって、私達の髪の水分が失われていくからなんです。水分がなくなって乾燥した髪の毛はとても傷つきやすいので、ギラギラした太陽の紫外線を浴びるともっとダメージは深刻になります。海で遊んだあとは、なるべく早くシャワーして髪の毛の塩分を落とし、ドライヤーなどでしっかりと乾かしましょう。シャンプーには、ダメージケア用のものを使ったり、トリートメントをしたりして、髪の毛の保護をしてください。ガンガンブラッシングをして摩擦を起こすことも、さらにダメージを深くするので避けた方がいいです。特に頭皮が日焼けしてヒリヒリしている時などは、刺激のあることはやめましょう。ひどい日焼の場合は皮膚科を受診すようにしてください。
また、頭皮の状態が悪い時(炎症や赤みやかぶれがあるなど)には、紫外線のダメージを普通より受けやすくなっていますから、皮膚科に相談して、白髪染めなども髪や頭皮に優しいものを選択するのも1つの方法です。

髪の毛の紫外線対策

1年中ある紫外線

太陽からの紫外線は、5月から9月までは特に多いといわれていますが、紫外線は夏場だけではありません。1年中降り注いでいるので、紫外線対策をしていないと、ダメージは蓄積されていきます。
天候によっても紫外線量は変化しますが、曇っているからと言って紫外線がないということはありません。薄曇りでも、晴れている日の90%の紫外線量があると言われていますから油断は禁物です。
紫外線は悪い作用ばかりではなく、殺菌効果や、カルシウムの代謝に必要なビタミンDを作る効果もあります。しかし、紫外線によって、頭皮にダメージを受けると、髪の毛のキューティクルが異常になって、枝毛・切れ毛などの原因にもなります。海水浴などの後に髪のツヤやコシガなくなって、ぱさぱさになるのも、紫外線の影響が多いのです。
髪や地肌のダメージによって白髪が増えてしまうと、どうしても第一印象が老けて見られてイメージダウンにつながり、前向きになれなくなりますね。髪や地肌に負担がかからないように、髪の紫外線対策用のスプレーやシャンプーやトリートメントも発売されていますから、余裕があればそれらを利用してみるのもいいですね。髪を染められている方は、紫外線の強い時期には紫外線カットスプレーなどをされると、髪のカラーの色落ちを防ぐ効果もあります。
とにかく、紫外線のダメージから頭皮や髪の毛を守ることを、1年中気をつけていきたいものです。

 

【関連記事】
白髪を予防・改善する食べ物
ストレス解消と白髪
シャンプーの成分は大切!
頭皮マッサージで白髪予防
白髪予防シャンプー【haru】

 

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。