白髪染めシャンプーで白髪を染める仕組み

白髪染めシャンプーとは、シャンプーすると同時に白髪を染める事が出来る「シャンプー」です。
従来は、「さあ、白髪染めをするぞ!」と何日も前から計画を立てて、白髪染めに臨んでいました。自宅屋内で白髪染めをしている間、部屋中、家中にツンとしたニオイが充満して、家族中をいや〜な気分にしていました。しかし、、自分が一番白髪染めの苦痛から解放されたいと思っていたことも事実です。
最近の市販の白髪染めの臭いは多少和らいだとは言え、頭皮のヒリヒリ感や髪のパサパサ感はどうしてもあります。市販の白髪染めで髪や頭皮にダメージがある方のために作られたのが、白髪染めシャンプーなどのヘアマニキュアタイプの白髪染めなんです。ヘアマニキュアタイプの白髪染めとは、髪の表面に色をつけていく方法で、徐々に綺麗な髪色を目指すものです。

白髪染めシャンプーは医薬部外品?それとも化粧品?

ヘアカラーリング剤には多くの種類があります。それらを、ざっくりと分けると、医薬部外品と化粧品にわける事が出来ます。白髪染めシャンプーは、医薬部外品と化粧品のどちらなのでしょうか?
医薬部外品としてあげられるのが、永久染毛剤や脱色剤などです。私達が日常使っているヘアカラー・白髪染め・おしゃれ染め・ヘアダイなどが永久染毛剤で、医薬部外品になります。
化粧品としてあげられるのが、半永久染毛料や一時染毛料などです。最近よく見かける、カラートリートメント・カラーリンス・ヘアマニキュア・白髪染めシャンプーなどが半永久染毛料にあたります。
つまり、白髪染めシャンプーは、化粧品なんです。

白髪染めシャンプーで白髪を染める

 

白髪染めシャンプーは気軽に使える

化粧品に分類されている白髪染めシャンプーは、毎日のシャンプーついでに毛染めをすることが可能なので、気軽に誰でも使うことができます。特に何も難しいことはありません。特別な準備もいりません。本当にシャンプーするのみです。
色素が髪の表面に少しづつ侵透して色をつけていきますから、使ったその日に劇的に変化することはありません。本当にゆっくりと髪を染めていくものです。ですから、市販の白髪染めに見られるような激しいアレルギー反応も、ほとんどありません。

10代からシニアまで

白髪染めシャンプーは、10代で若白髪が少し気になる方や、ストレスで一時的に白髪が生えてきた方、シニアの方で美容室に行くのはやめたい方、アトピーや敏感肌の方などに、幅広く支持されています。
刺激のない白髪染めは、真っ黒に染め上げることはありませんが、自然な色がつき白髪をカバーしてくれます。髪の傷みや皮膚への刺激を気にせずに、毎日少しづつ自分で白髪をなじませる事が出来るのです。
最近では、男性の方にも白髪染めシャンプーの人気が出ています。いきなり真っ黒になる市販の白髪染めより、ゆっくり自然に白髪が染まっていくので、仕事関係の人や同僚にも気づかれないところが良いようです。「染めました!」という白髪染めは、もう過去のものになっています。

白髪染めシャンプーで白髪を染める

 

【関連記事】
ヘアカラーで白髪を染める
オハグロ式白髪染めで白髪を染める
ヘアマニキュアで白髪を染める
カラーリンスやカラートリートメントで白髪を染める
ヘナで白髪を染める
ヘアマスカラで白髪を染める
白髪染めをするときの注意点
白髪染めを長持ちさせる方法
白髪染めの選び方

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。