一番簡単な白髪染めなら白髪染めシャンプー!

白髪染めシャンプーのメリット・デメリット

 

「一番簡単な方法で白髪染めをしたい!」というのはみんなの願いですよね。それくらい白髪染めは面倒なものです。自分でする場合、白髪染めのやり方や手順もかなり注意が必要なものですが、それ以上に続けなくてはキレイを維持できないということが悩みだと思います。

 

しかも、きれいに染めた後も、すぐに生え際など部分的に気になる部分が出てきて、染髪をしたくなります。髪の毛全体が一度で染まって、はじめてでも失敗しないし、おしゃれなローズやマロンなどの微妙な色合いの希望も叶えてくれる、後片付けも一切必要なしなら、やはり美容室ですが、毎回美容室へ行くと価格が問題になります。いつも美容院で白髪染めをするのは、ちょっと金額的にツライ時に、染めるのを我慢しなくてもいいような、自宅でできる簡単な白髪染めを、比較しながら紹介していきます。

 

白髪染めにはいろいろなタイプがありますが、最近一番簡単な白髪染めとして人気があるのが「白髪染めシャンプー」です。ケープ・新聞紙・耳あて・手袋などの白髪染めの時の準備が何もいらず、毎日使っているシャンプーを白髪染めシャンプーに変えるだけです。シヤンプーするだけで、きちんと泡立ち白髪染めもできます。後片付けの手間もいらずカンタンということが最大の長所ですが、もちろん欠点や短所もあります。白髪染め選びは、試行錯誤の連続です。白髪染めシャンプーの秘密については、あとで詳しく説明していきます。

最近の白髪染め事情

簡単に白髪が染まる市販の白髪染めは、「永久染毛剤」が、主流になっています。「永久染毛剤」には、ヘアカラー ・ヘアダイ ・白髪染め ・おしゃれ染め ・おしゃれ白髪染め ・ ファッションカラーなどの酸化染毛剤と、オハグロ式白髪染めと言われる非酸化染毛剤があります。どれもスパーなどで安価に購入できるものです。1度でしっかりと染色できて、色も2カ月くらい長持ちします。簡単で、染まりやすく、長持ちする白髪染めと言えますね。しかしこれらは医薬部外品なので、体質や肌状態によっては、かぶれる場合はありますから、使用前48時間のパッチテストをする必要があります。髪の色素を脱色処理するときに使う過酸化水素の少ないものの方が、ダメージの蓄積を防げるでしょう。

 

白髪対策として、美容院で美容師さんに毛髪を染めてもらうことをくり返していらっしゃるみなさんも多いと思います。しかし、美容室でも酸化染毛剤が多く使われていて、刺激臭のあるタイプもあります。今では毛染による刺激を予防したいという方も増えています。頭皮や毛髪の健康のために、ダメージや負担の少ない自然派の天然成分で染まる白髪染めが発売されてきたのはそのような理由からです。

 

白髪が目立つ年齢になると、白髪の原因や薄毛の改善のことも心配になって、悩みを解決する方法を探します。髪のボリュームをアップするアイテムや市販のヘアカラーも気になるところですね。実際にそんな商品を体験された方の実感をチェックしたくて、クチコミやレビューを見てしまう女性や男性も多いのではないでしょうか。

 

どのようなものかは知らないけれど、カラーシャンプー・ヘアカラートリートメント・利尻白髪染・ヘナ・黒耀・レフィーネ・サスティ・ルプルプ・螺髪・煌髪・ヘッドスパトリートメントカラー・キラリなどという言葉を聞いたことはありませんか?このほとんどが、白髪用の毛染め(白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントなど)の名前です。これらの商品は大人気ですが、一般のドラッグストアでは購入できず、通販のみの販売もあります。これらの商品は、髪の毛や地肌に優しいタイプの白髪染めです。お風呂のついでに白髪染めが簡単にできるタイプですから、とっても簡単。これらは、継続して使うことで染めていく白髪染めです。

 

白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーは、通販のみだと、実際にショップで手に取って見る事が出来ないから嫌だという方もいらっしゃいます。しかし、通販なら「土日祝除」などというお店の事情もありませんし、初回限定のサービスやクーポンを使えるところも多いですし、返金保証や送料割引もあったりして、初回から可能な限りコストを抑えて買い物ができるんです。また、通販なら発送予定も自分で設定できますから便利です。

 

簡単な白髪染めを選ぶ時に一番大切なことは、それぞれの目的にあった白髪染めを選ぶということです。準備や手間を省きたいなら美容室、自宅でもすぐに染まって長持ちするものなら市販の白髪染め、なるべく髪や地肌にダメージがない白髪染めならトリートメントタイプやシャンプータイプの白髪染め。このように、あなたに合った白髪ケアを探してください。きっと相性のいいものが見つかりますよ。

白髪染めシャンプーとは?

最新の一番簡単な白髪染めは、シャンプータイプの白髪染めです。

 

一番有名なところでは、利尻とか利尻昆布の白髪染めです。ピンとくる方もいるかと思いますが、利尻昆布のエキス(フコダイン)入りで有名な白髪染めのことです。サスティという会社が販売している白髪染めが一番知名度が高いでしょう。白髪染めシャンプーとしては、「白髪用利尻カラーシャンプー」があります。

 

シャンプータイプの他に、トリートメントタイプのものもあります。シャンプータイプやトリートメントタイプの特徴は、髪や地肌に強いダメージを与える成分がほぼ無添加だということです。その代り、利尻昆布エキスなどが配合されていて、ヘアトリートメントとしての効果も期待できます。

 

白髪染めシャンプーは、男女兼用です。ご夫婦で一緒に使っている方も多いです。色は、ブラックだけと思う方も多いですが、白髪染めシャンプーにはカラーのバリエーションもあります。ブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウンなど新色もどんどんと発売されてきています。

白髪染めシャンプー色

 

白髪染めシャンプー(ヘアカラーシャンプー)は、カンタンに使える安全性の高い白髪染めですが、欠点もあります。ヘアカラーのように毎回皮膚パッチ試験をしなくていい代わりに、染まる実感がゆっくりです。染めの仕上の状態を評価すると、やはり即効性には欠けると思います。数回で効果的に白髪対策をしたいという時には、ベストなチョイスではないかもしれません。白髪染めシャンプーだけでは、染まり具合やスピードに限界があるのです。

 

急ぎの時には、カラートリートメントと白髪染めシャンプーを併用することが効果的です。初めの数回は徹底して白髪染めトリートメントを使い、その後は白髪染めシャンプーをプラスして使うという方法です。これなら、数回で髪の色に変化があり、染まった実感があります。

 

併用する場合のポイントは、白髪染めトリートメントで染めてから白髪染めシャンプーを使うということです。白髪染めシャンプーでアフターケアすることで、伸びてくる髪の毛の根元から白髪をケアができます。大切なポイントは、継続して使用することです。白髪染めシャンプーはノンシリコンの場合がほとんどです。ですからマッサージをするようにシャンプーをしても、頭皮の負担にはなりません。泡立ててからしばらくおいて、ヘアパックのように使う方もいます。
もし白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントをシリーズで使ってみたいとお考えなら、サスティから両方が販売されています。

白髪染めシャンプーのメリットとデメリット

ここでは、白髪染めシャンプーのメリットをまとめてみました。

  • 洗うと染めるの両方が同時にできます
  • ジアミン系の酸化染料は含まれていないヘアマニキュアタイプ(敏感肌の方にも人気)
  • 毛染めの嫌なニオイがありません
  • 簡単です(面倒な準備がいりません)
  • 手間がかかりません(シャンプーするだけです)
  • 時間がかかりません(放置時間がありません)
  • 素手で使用できます
  • 毎日使えます(伸びてくる白髪のケアもできます)
  • 徐々に染まります(突然真っ黒に染まりたくない方に人気です)
  • 髪や地肌に優しい(「酸化剤」「香料」「パラベン」「鉱物油」「タール系色素」「シリコーン」など無添加の商品が多い)

白髪染めシャンプーのメリット

 

次に、白髪染めシャンプーのデメリットをまとめてみました。

  • ヘアマニキュアタイプなので髪の表面に着色する白髪染めです
  • 徐々に色がつきます(通常1週間から2週間で実感)
  • 使用をやめるとだんだん色が落ちていきます
  • 素手で使えますが、ネイルなどが気になる方は、念のために手袋をされたほうが安心です
  • アミノ酸系洗浄成分配合なので、通常のシャンプーよりは値段が高い

白髪染めシャンプーはこんな人におすすめ!

白髪染めシャンプーは一番簡単な白髪染めと言えます。よくある市販の2剤式の白髪染めは、ジアミン系の酸化染料が含まれていて、アレルギーも心配ですが、ヘアマニキュアタイプの白髪染めシャンプーなら、毎日素手で使えるくらい髪や地肌に優しいです。ですから、白髪染めのツンとしたニオイがダメな方や、頭がヒリヒリするなどの敏感肌の方にもおすすめです。

 

ただし、白髪染めシャンプーは、最初の1〜2回ではほとんど色がつかないと感じるくらいゆっくりと染まっていきます。1度色が入ってしまうと、その後使い続けることで綺麗な色が保てます。それと反対に、使うのをやめれば、次第に色が抜けていくのです。しっかりと色を保ちたい場合は、毎日白髪染めシャンプーを使うことになりますから、通常のシャンプーよりはコストがかかるかもしれません。

男性の身だしなみに

白髪染めシャンプーは男性に人気

白髪染めシャンプーは、自然な感じでゆっくりと白髪ケアをしたいときには、ピッタリの白髪染めですので、特に男性の方に人気があります。女性の場合は、伸びてきた白髪を早く染めたいという気持ちがありますから、白髪染めトリートメントの方が喜ばれます。白髪染めトリートメントは、同じようにヘアマニキュアタイプの白髪染めですが、放置時間が必要な分だけ早く染まるからです。男性の場合は、明らかに「染めました」という感じを嫌って、徐々に自然な感じで染めて行きたい方が多いようです。会社の中で、同僚や仕事仲間に気づかれないように白髪ケアをしたいなら、さりげなさは大切だと思います。白髪染めシャンプーなら、使う頻度も自分で調節できますから、さりげなく清潔感を保つ事が出来ます。

一番簡単な白髪染めの選び方

目的によって、一番簡単な白髪染めは変わってきます。

 

1度でしっかり染まって、長持ちする白髪染めなら、美容室や市販の白髪染めがいいでしょう。市販品でいうならば、ビゲン、サロンドプロ、ブローネなどが人気です。最近では、フローラル系の香りのものもあり、匂いに敏感な方にも評判です。泡状のものやクリーム状のものなど、選ぶ事が出来ます。髪へのダメージを考えて、潤い成分(スクワラン、真珠エキス、ガゴメ昆布エキスなどのミネラル)を配合してあるものも多いです。放置時間も5〜15分と手軽です。1箱買えば、ショートヘアやセミロングなら十分染められます。また、過酸化水素が含まれていない、脱色しない白髪染め(ラサーナヘアカラーなど)もあります。これらは、抜群の染毛力がありますが、何度も続けるうちにどんどん髪等にダメージがたまっていきますから、ロングヘアなどは特にキシキシになりがちです。そのままにしないで、絶対にしっかりとケアをしてくださいネ。

 

医薬部外品でなく、毛髪や頭皮に優しい簡単な白髪染めなら、ヘアカラートリートメントや、カラーシャンプーがいいでしょう。どちらもゆっくりと染まりますが、より早く結果を出したいのなら、トリートメントタイプがおすすめです。自宅で簡単に白髪が染められますし、無添加にこだわっていますから、お子さんと一緒の入浴時にも安心して普通に使えます。使い方は、シャンプー後に髪の水分を切ってから、手やコームでつけていきます。気になるところにピンポイントで使うこともできます。放置時間は10〜15分くらいです。その後は、色水が出なくなるまですすいで終了です。
初めてトリートメントタイプを使うときには、乾いた髪につけて少し長めに放置するともっと綺麗に仕上がります。髪の毛の乾燥やトラブルがあっても、トリートメントとしての補修効果もあるので、しっとり感があります。

 

待ち時間も節約したいという方には、シャンプータイプの白髪染めが、簡単でしょう。普段使っているシャンプーを白髪染め用に変えるだけでOKです。毎日使えば、キレイな髪色をキープできます。体験談などにもあるように、不自然な真っ黒な髪にはならずに、自然な色に白髪をぼかしてくれる白髪染めです。白髪染めとしては、一番簡単ですから、人気急上昇中で注目されています。伸びてくる白髪の根元のリタッチ用に使われる方も多いので、興味のある方は、ぜひ試してみてくださいネ。

 

【関連記事】
簡単白髪染め!トリートメントタイプも人気です
カラーリング剤で皮膚炎!市販のヘアカラーは安全?

 

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。

 

 

 

 

おすすめ きれい 生え際 染髪 部分 レフィーネ ルプルプ 購入 効果 抜群 サイト 紹介 大人気 刺激 これ マスカラ 少し お風呂 価格 返金 保証 限定 送料 3,240 特別 アロマ ヘッドスパ スカルプ 選び方 かなり 全体 美容院 何度か 染色 一度 綺麗 長持ち 頻度 キレイ おすすめ 紹介 目的 希望 色素 脱色 髪の毛 過酸化 水素 匂い ボーテ エッセンス だれ 特徴 豊富 内容 特典 送料 無料 ダーク ラサーナ 真珠貝 由来 フローラル ライト ヘアケア 海藻 乾燥 ツヤ 天然 ブラシ エフ キュア 全額 返金 保証 200 髪質 室温 理想 少し 初めて 推奨 パッチ テスト アレルギー 反応 部分 部屋 換気 記事