敏感な肌で待ち時間や料金を節約したい人の白髪染めとは?

敏感な肌で待ち時間やコスト・料金を節約したい人に人気の白髪染め方法

敏感な肌の人には、市販の白髪染めはお勧めできません。一般的な市販の白髪染めには、ジアミン系の酸化染料が含まれていて、皮膚アレルギーがおきる可能性があるからです。今まで使ってみて何のアレルギーも出なくても、使い続けることでアレルギーのリスクは高くなります。
敏感肌の人で、白髪染めにかかる時間やコストを節約したい人には、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントがおすすめです。毎日素手で使う事が出来るくらい、髪や地肌への負担が少ないからです。
そのほか、市販のヘアマニキュアにもジアミン系の酸化染料は含まれていないので使用してもいいと思いますが、素手で使えるほどやさしい処方ではありません。また、準備に時間がかかります。

白髪染めを選ぶ時

カラーリングの悩みはたくさんある?!

カラーリングの時の悩みは人それぞれです。
市販のカラーリング剤を購入したり、美容室で毛染めをしてもらうことはポピュラーなことですね。一般的なヘアカラーは、過酸化水素(オキシドールみたいな感じ)と酸化染料を混ぜ合わせるんです。髪質が太い人は染まりにくく、髪の毛が細い人は染まりやすいと言われています。染まりやすいと言われている細い毛の人は、カラーの色が落ちやすい特徴があります。
また、カラーリングの種類や温度、時間などによっても染まり具合は違ってきますから、事前に美容師さんと話し合うことも大事ですね。美容院によっては、カラーリングの薬剤が頭皮にしみたり、毛染めの後に地肌がかゆくなったりすることもありますから、美容室の選択はしっかりと考えましょう。

薬剤がしみたり、頭皮にかゆみが出る

毛染めの悩みの中で多いのが、薬剤が頭皮にしみたり、毛染めが終わった後に頭がかゆくなることです。ひどいケースでは、薬剤をつけた時から、ジンジンと地肌にしみて、我慢できなくて毛染めを中止する人もいるくらいです。そこまではなくても、翌日に頭がかゆくて気持ち悪くなる人もいます。
これらのほとんどの原因は、酸化染料であるジアミン系の物質や、ジアミンと過酸化水素を混ぜ合わせた時にできる物質と言われています。この原因を取り除くためには、カラーリング剤を頭皮につけないようにすればいいのですが、実際の現場ではそののようなことは不可能かもしれないと感じることが多いです。技術の高い美容師さんなら、生え際ギリギリのところまでつけて、地肌につくのを避けることもできるかもしれませんね。
「しみる」などの異変に気がついたときには、必ず美容師さんにその場で言ったほうがいいですよ。

毛染めで髪が傷むのがイヤ

パーマをかけることでも髪が傷みますが、白髪染めなどのヘアカラーでもダメージがあります。どのような薬剤で染めるかにもよりますが、1度で綺麗に染まるものはダメージが大きいと言えますね。ですからカラーリングの後もヘアケアは絶対に欠かせません。
ヘアマニキュアなら、髪の表面を覆うような色の付け方ですから、髪の傷みは少なくて済みます。難点は、明るい色や微妙な色合いを出すのが難しいところです。
ヘナを使った毛染めは、草木染の要素を取り入れていますから、ダメージを負った髪の毛のカラーリングにはピッタリです。傷んだ髪につややコシを与える事が出来ます。
一般的なヘアカラーで髪の毛を染めると、毛髪を保護しているキューティクルが剥がれて、タンパク質が流れ出ることがあります。そして、髪にハリやコシガなくなってしまうのです。自宅で染めるセルフカラーを使うときには、美容室で使用される薬剤よりも強い傾向がありますから、十分にダメージには気をつけてください。毛染めの後は、トリートメントをいつもよりも念入りに行うようにしましょう。
敏感肌の方でも使える白髪染めは増えてきていますから、白髪が増えてきたからと言って落ち込んでいなくても良くなりました。色味も最初よりはバラエティーに富んできました。髪の色は、気分や顔の表情にまで影響を与える要素です。それぞれの年齢によっておしゃれな幅が広がるように、ピッタリの白髪染めを探してください。
ヘアカラーリングの頻度は、理想としては2カ月に1度くらいだそうですが、それでは伸びてくる白髪対策はできません。そんな時は敏感肌の方も使える白髪染めシャンプーのような商品が有効になります。毎日素手で使える気軽さで、生え際や分け目の伸びてくる白髪の対策もできますよ。

敏感肌でコスパのいい白髪染め方法とは

自宅で白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使う

敏感な肌の方に一番人気の白髪染め方法です。白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントは、ジアミン系の酸化染料を含まない白髪染めです。入浴時間中に白髪染めができるので、時間も手間もかかりません。コストは美容室よりかなりお安いと思います。素手で毎日使えるくらい肌に優しいので、伸びてくる白髪のケアもできるところが実用的です。
白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントは、ヘアカラー・ヘアダイ・白髪染め・おしゃれ染め、と呼ばれる酸化染毛剤とは違って、髪の表面に着色するヘアマニキュアタイプの白髪染めなんです。ですから化粧品に分類されています。
白髪染めシャンプーは、今まで使っていたシャンプーの代わりに使うだけの白髪染め方法です。洗うたびに少しづつ色がついていくのに、汚れも落とす1つで2役のシャンプーです。待ち時間もなく、お風呂場が汚れず、素手で使用できますからとても簡単です。髪の毛のダメージを補修する有効成分もたくさん配合されていますから、使うほどに髪がしっとりしなやかになります。なんといっても、ジアミンフリーですから、アレルギー皮膚炎になるリスクは非常に少ないです。

安全な白髪染め

白髪染めトリートメントは、シャンプー後のトリートメントとして使うタイプの白髪染めです。シャンプー後に使用する場合は、髪の水分を切ってから塗布していきます。このトリートメントの特徴は、シャンプー前の乾いた髪にも塗布できるところです。初めて白髪染めトリートメントを使う方は、最初の3日間くらい連続して使うと綺麗に色が入ったと実感できます。この時に、乾いた髪に使用したほうが、濡れた髪に塗布するよりもさらに着色が良くなると感じます。髪の毛にしっかりとトリートメントを塗りこんだ後には、シャワーキャプやラップで髪を密閉したほうがさらに綺麗に染まりますから、試してみてください。色が入った後は、1週間に1〜2回の使用でキレイなカラーを保つことが可能ですよ。

自宅で市販のヘアマニキュアを使う

市販のヘアマニキュアにも、ジアミン系の酸化染料は含まれていません。脱色もしないので化粧品に分類されていますから、敏感肌の方も安心して使う事が出来ます。髪の毛の表面をコーティングしてくれますから、手触りもサラサラになり、ツヤやコシガ出ます。
しかし、準備や待ち時間は必要です。上手に染めるためには結構コツが必要だと感じます。特に分け目の根元や、生え際白髪など、頭皮に液がつかないようにしっかりと塗りこむところが難しいです。手や肌についたときには、すぐにリムーバーで落とさないと落ちにくくなります。髪のダメージは少ない白髪染めですから、敏感肌の方に評判です。色持ちが2週間くらいなので、そこがデメリットです。

2種類以上を併用する

敏感な肌の方には、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの併用が人気です。伸びてくる白髪ケア対策もできます。
白髪染めを長持ちさせる方法はこちら

母の日のプレゼントとしての白髪染め

母の日のプレゼントとしての白髪染め

女性は髪の毛に気を使っておしゃれを楽しんで生活しています。しかし70代80代になると、今まで通っていた美容院に行く機会も少なくなり、あまり外出しなくなります。特に車がないと美容室に行けない場合、お孫さんや子供さんたちの手を煩わせるのが申し訳なくて、白髪染めをする機会が減ってしまいがちです。その上、年齢を重ねると抵抗力が落ちてきたりして、皮膚が乾燥しやすくなったり、怪我をしやすくなったりします。いつも使っていた白髪染めで、かぶれたりする症状が出ることもあります。
最近、母の日のプレゼントとして、トリートメントタイプやシャンプータイプの白髪染めを贈られる方が多いと聞きます。いつまでも綺麗な女性でイキイキしていてほしいという願いがこもった素敵なプレゼントだと思いませんか?
実はうちの母親にもプレゼントしてみました。高齢になると車の運転もしなくなって、わざわざタクシーで美容室まで行くのが面倒だと言って、白髪ケアを怠けていたからです。贈ったのは「白髪染めシャンプー」です。色はダークブラウン。日常生活は1人でできますから毎日お風呂でシャンプーしているみたいです。お風呂場も汚れなくていいねと言っていました。年をとると、真っ黒な黒髪は、偽物みたいでおかしいので、ホンワリとしたブラウンヘアが結構若々しくて気に行っているようです。
白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントは、男女兼用ですし年齢を問いませんから、家族やご夫婦で愛用されている方も多いそうです。

男性にも人気のおうち染め

自宅でセルフ白髪染めをするのは女性だけではありません。男性の方もたくさん白髪ケアをされています。
男性の場合、仕事が忙しくて、白髪染めに美容室に行く時間がない方も多く、家で白髪を染めるをするのです。また、白髪染めのためだけに、美容室に行くことはちょっとハードルが高い方も多いかと思われます。
自宅で染める時に気になるのが、白髪染めにかかる時間や準備です。いそがしい毎日の中で少しでも事案を節約したい場合、市販の白髪染めよりは、ヘアカラートリートメントや白髪染めシャンプーの方が魅力的です。なんといってもお風呂の中ですべてが完了しますし、白髪染めシャンプーなら待ち時間も必要ありません。白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントなら、出張先でも簡単に白髪ケアができますから、評判です。しかも、素手で毎日使える処方なんです。
白髪染め用ヘアカラートリートメントや、白髪染めシャンプーが男性に人気の理由は、急激に白髪が染まらないことにあります。市販の白髪染めなら1回でしっかりと真っ黒になって「白髪を染めました」という髪色になります。それとは逆に、白髪染めシャンプーなどは、ゆっくり徐々に毛髪の表面に色をつけていくものですから、変化がわかりにくいのが特徴です。
真っ白な白髪頭がカッコイイ!と言われるまでには、かなりの年月が必要です。女性から見ると、男性のちらほら白髪は、歳を感じるだけでなく、きちんと感や清潔感が感じられなくなって、だらしなく見えることもあるのです。
最近は、白髪を染める方法はたくさんありますから、髪や頭皮にダメージが少ない白髪染めを選んでみるのもいいですね。

【白髪染め豆知識】

どうして自宅で白髪を染める人が多いのでしょうか?
好きな時間に染められるということと、コストカットができるということが支持される大きな原因だと思われます。美容室で長時間拘束されるのを避けたい方や、できるだけリーズナブルな料金で白髪染めをしたい方が増えているのでしょう。
白髪が伸びてきた部分だけ染められたり、こまめに白髪ケアができるということも自宅染めの利点です。髪や地肌を傷めない白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントなどの普及で、おうち白髪染めの選択肢が増えたのも嬉しいことです。