シャンプーの成分を見てみよう

シャンプーを選ぶ基準とは何でしょうか?私達は、新しいシャンプーを使い始めてすぐに髪の質が良くならないと不安に感じます。すぐに髪が変化しないとシャンプーを変えた意味がないように感じて、すぐに使うのをやめてしまうのが普通です。このように消費者からは、速攻的な効果を求める声が多いため、シャンプーを作る側としては、表面的な効果を感じるような成分を配合しがちです。
シャンプーで一番注目しなくてはいけないのが、洗浄剤の成分です。髪の毛を洗うものがシャンプーですから、どのような洗浄成分が含まれているかでそのシャンプーが決まります。もし、どのシャンプーにも同じ洗浄成分が含まれているなら、シャンプーによって価格が違うのはおかしいですよね。洗浄成分には安いものと安くないものがあるのです。良い洗浄成分を使っているシャンプーは、長い目で見て髪や頭皮の仕上がりが良くなります。反対に良くない洗浄成分を使っているシャンプーで髪を洗っても、髪の毛や頭皮の状態は良くならないのです。

シャンプーの成分を見てみよう

シャンプーの代表的な洗浄剤

現在シャンプーに使用されている代表的な洗浄成分は、硫酸系洗浄剤・アミノ酸系洗浄剤・ベタイン系洗浄剤・グルコシド系洗浄剤・酸性石けん系洗浄剤・たんぱく質系洗浄剤などです。
この中でも硫酸系洗浄剤は、高級アルコールなど安価な原料を使用していますので、問題があります。
硫酸系洗浄剤の特徴として、以下のことがあります。
・ラウリル硫酸Naなど成分名に硫酸が入っている
・安価で洗浄力が強い
・保湿効果が少ない
・頭皮や髪の水分や脂肪を奪い取り、パサパサの髪になる
・フケやかゆみの原因になる
・ハゲや薄毛やアトピーと関連があると言われている
・カラーの色が早く落ちる
・生分解性が悪く環境に悪影響がある

 

髪や地肌のことを考えるなら、硫酸系の洗浄成分が入ったシャンプーは避ける方がいいと思います。

アミノ酸系洗浄剤がおすすめ

ではどのような洗浄成分がいいかといいますと、おすすめはアミノ酸系洗浄剤です。よくあるアミノ酸系洗浄剤は、「ココイルグルタミン酸TEA」「ココイルグルタミン酸Na」「ラウロイルメチルアラニンNa」などです。利尻ヘアカラーシャンプーにも「ココイルグルタミン酸TEA」と「ラウロイルメチルアラニンNa」がつかわれています。
アミノ酸系洗浄剤が使われているシャンプーかどうかは、シャンプーの成分表示で確認する事が出来ます。シャンプーには何種類かの洗浄成分が組み合わさっていることが多いので、アミノ酸系の洗浄剤の他に、〜硫酸という名前の硫酸系洗浄剤が使われている場合もありますから、注意が必要です。

白髪染めシャンプーと成分

ノンシリコン(シリコーン)シャンプーもおすすめ

また、シリコン(シリコーン)が使われていないノンシリコンシャンプーがおすすめです。シリコンとは、「ジメチコン」「シクロメチコン」「シリカ」「シリル」「シロキ」「シラン」「シロキサン」などという名前がついた成分表示されています。シリコンは、髪や皮膚に膜を作ってコーティングする効果があります。使用すると、すべりがよくべたつかない状態になります。このことだけを考えると、悪いとは言い切れませんが、一度肌に付着したシリコンは石けんや水で落とすことは難しく、メイク落としのクレンジング並みの洗浄力が必要だそうです。このことから、シリコンの強力なコーティング力が毛穴をふさいでしまって、髪が生えにくくなったり、ニキビや吹き出物が出やすくなるということも言われています。また、シリコンは下水処理場で微生物分解処理もできないそうですから、シャンプーを選ぶ時には、できるだけノンシリコンシャンプーを選びたいですね。

防腐剤のパラベンも避けよう

毎日使うシャンプーが腐ってしまったら、髪や頭皮にダメージが大きいですから、シャンプーに防腐剤は不可欠ですね。特にバスルームでは高温多湿となりますから、商品としても対策を立てています。
防腐剤といえば「パラベン」が有名ですが、パラベンには強い殺菌効果がありますから、アトピーなどの敏感肌の方には刺激が強いと言えます。確かにたくさんの化粧品に「パラベン」は防腐剤として採用されています。それは強力な殺菌力が衛生管理に向いているからだと思われます。
しかし、使用する側から考えると、そこまで強い殺菌力のあるものを配合したものは、できれば使いたくありません。最近ではパラベン不使用という商品もたくさん出ていますから、消費者としてかしこく選択したいものです。

 

そのほかにも、着色料・鉱物油・合成ポリマー・酸化防止剤・合成香料などは、できれば避けたいものです。シャンプーにそのようなものを配合しても、髪や地肌にいい影響はないと考えるのが自然ですね。

白髪染めシャンプーとの併用

白髪染めシャンプーと成分

白髪染めシャンプーと併用してご自身のシャンプーを使われる場合は、ノンシリコーンで硫酸系洗浄剤不使用のシャンプーと併用されることをおすすめします。
シリコーンが配合されたシャンプーは、シリコーンによって髪がコーティングされてしまうので、白髪染めシャンプーなどで髪に色を定着させにくくなるからです。そして、硫酸系洗浄剤を使っているシャンプーと併用する場合は、白髪染めシャンプーやヘアカラートリートメントの色落ちを早めてしまうことになりますから、注意が必要です。

 

【関連記事】
白髪を予防・改善する食べ物
紫外線対策で白髪予防
ストレス解消と白髪
頭皮マッサージで白髪予防
白髪予防シャンプー【haru】

 

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。