利尻ヘアカラーの成分

利尻のヘアカラーは、よくある美容室や市販の2剤式の白髪染めとは違い、マニキュアタイプの染髪ヘアケア商品です。2剤式とは、シエロ・サロンド○○・ビゲン・ホーユー・ブローネ・ウェラ・メンズビゲンなど、ドラッグストアでよく見かけるおなじみのメーカーの白髪染めたちです。芸能人の藤原紀香さんがCMされているものもありますね。
2剤式のヘアーカラーやおしゃれ染めには、色の種類が豊富です。20代や30代の女性は、黒(ブラック)よりも明るく染まるものを選びがちです。特に、アッシュ系やブラウン系の色が人気ですね。茶髪の方が性格まで明るい感じで優しい人に見えるので、仕上がりが効果的かもしれません。
しかし、市販のヘアカラーは、NHKなどのマスコミや、消費者庁の報告等でも知られるようになっている、「毛染めによる皮膚障害」が心配です。皮膚障害の原因は、ヘアカラーリング剤に含まれるパラフェニレンジアミン(酸化染料)と言われています。せっかく綺麗になろうと毛染めをしても、頭皮や地肌に害があっては逆効果ですよね。自宅でセルフで白髪を染めるきは、しっかりパッチテストをして、かぶれやかゆみやダメージがないように可能な限り安全に気をつけましょう。
毛染めによる皮膚障害を予防するためや、髪の毛の簡単な白髪対策として、最近では通販で安全な白髪染めが徐々に人気になっています!その中でも評判なのが利尻ヘアカラーシリーズです。利尻ヘアカラーシリーズの特徴として、容器がグリーン(緑色)なのですが、これは自然素材(こんぶなど)を使っていたり、身体に良いというイメージを表したものだと感じます。

 

利尻ヘアカラーシリーズの成分はどのようなものでしょうか?天然利尻昆布エキスで知られている利尻ヘアカラーシリーズには、白髪用カラーシャンプー、白髪用ヘアカラートリートメント、利尻白髪隠しがあります。それらを購入したときに入っていたパンフレットが手元にあります。
〜〜利尻ヘアカラーシリーズには、報道等で取り上げられている「パラフェニレンジアミン」は配合しておりません〜〜というお知らせのパンフレットでした。利尻のシリーズは、20年間ずっと無添加(シリコーン・ジアミン・パラベン・鉱物油不使用)にこだわって、自分の工場で作っているそうです。

利尻ヘアカラーの成分とアレルギー

 

アレルギーの成分とそのほかの成分

「パラフェニレンジアミン」という成分は、消費者庁やテレビの報道などで、白髪染めでのアレルギーの危険性を注意喚起されているものです。市販の酸化染毛剤(医薬部外品)に入っている成分です。主に、ヘアカラー・白髪染め・おしゃれ染め・ヘアダイなどと呼ばれている商品です。>>市販のカラーリングの危険性についてはこちら
説明によると、「利尻ヘアカラーシリーズ」は、染毛料(化粧品)に分類されて、「パラフェニレンジアミン」などのジアミン系の成分は一切配合していないそうです。
また髪や肌のことを考えて、以下の原料も無添加になっていると書かれていました。

パラベン・香料・加水分解コムギ・タール系色素・ラウリル硫酸塩・塩化リゾチーム・ラウリルエーテル硫酸塩・セチル硫酸ナトリウム・ソルビン酸塩・トリエタノールアミン・ジエタノールアミン・ジプチルヒドロキシトルエン・レゾルシン・サリチル酸・パラフィン・クレゾール・安息香酸・イソプロピルメチルフェノール・塩化ベンザルコニウム・フタル酸エステル・ベンジンアルコール・メチルクロロイソチアゾリオン・ノニル酸バニリルアミド・グアイアズレンスルホン酸ナトリウム・パラフェノールスルホン酸亜鉛・ハロカルバン・メチルイソチアゾリオン・トリクロカルバン・トリクロサン・塩化アルキルトリメチルアンモニウム・酢酸トコフェロール・ラノリン・ヘキサクロロフェン・トラガント・トリイソプロパノールアミン・ブチルヒドロキシアニソール・イクタモール

なんだか難しそうな成分ばかりですね。しかし、使用している成分や、無添加の成分を公開しているところは好感が持てますね。

利尻ヘアカラーの成分とアレルギー

パラフェニレンジアミンを始めとして、様々な化学成分が無添加の利尻シーリーズは、、毎日素手で使ってもOKです。白髪染めを始めると、やめられなくなりますし、白髪を目立たなくするために頻度などが心配になります。間隔があくと、生え際・根元・分け目や部分白髪が気になります。パラフェニレンジアミンの入った白髪染めは、染めた翌日にまた使用することはできませんが、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントなら大丈夫です。また、うっかり風呂場にや洗面所に落としてしまっても、洗えばすぐに落ちます。
若白髪の方や男性にも年齢を問わず売れ筋なのは、白髪染めシャンプーです。洗髪しながら白髪対策もできて、値段も安いからです。そして何より、髪が痛まないメカニズムなのでおすすめです。

全ての人にアレルギーが起きないわけではない

どのようなことにも100%ということはありません。「パラフェニレンジアミン」などのジアミン系の成分は一切配合されていなくても、使用前には、念のためパッチテストを行った方が安全ですね。

パッチテストの仕方

1.小皿にパール大の液を出して、水を一滴たらして綿棒で混ぜます。
2.その液を、二の腕の内側に10円玉くらい塗ります。
3.乾かして、48時間放置します。
4.特に何の変化もなければ、使用OKです。

利尻ヘアカラーの成分とアレルギー

 

白髪染めの肌トラブルで悩まないために

白髪の悩みを防止するために、毎日の食事に気をつけたり、最新のサプリを飲んだり、ゴマを食べたり・・・その方法は効くかもしれませんが、改善に時間がかかるでしょう。ライフスタイルから変えることで、ストレスでいっぱいになるならば、長持ちはしません。今ある白髪問題を解決しながら、栄養面や育毛に取り組んだ方が健康的です。
今ある白髪問題を解決するためにはどうしたらいいでしょうか。市販の白髪染めのきついニオイや刺激はしょうがない、白髪染めで髪や頭皮が傷むのは我慢するもの、そんなトラブルばかりなら面倒な白髪染めはしたくない。。。と、そのようなことに悩み続けるより、毎日使えるような白髪染めを選べば、安心して使えますよね!
白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントが、白髪ケアの1つのアイテムとして人気がある理由はここにあると思います。

 

【関連記事】
白髪用利尻カラーシャンプーは染まらない?
白髪染めとおしゃれ染めの違い
白髪染めシャンプーと使い心地
パーマと白髪染めシャンプー

 

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。