白髪染めとおしゃれ染めってどこが違うの?

ドラッグストアなどの店頭で白髪染めを探しているときに、白髪染め専用のものと、おしゃれ染めという毛染めがあって迷うことがあります。2つの違いを知りたくて手に取ってみても、どうしてわかれているのかよくわかりません。美容室に行っても、白髪染めとおしゃれ染めに分かれているのがいつも不思議でした。この2つは全く別物なのか、それとも、時と場合によって染める方法が違うのか、本当に謎ですね。

白髪染めとおしゃれ染めってどこが違う

おしゃれ染めから白髪染めに変えるのは抵抗がある方が大多数と思います。しかし、実際には、基本的なカラーシステムは、大きく違うことはありません。どちらも、1剤と2剤にわかれていて、髪の毛のまわりのバリアを開いて、染料を毛の奥にまで浸透させるという方法で染めていきます。

いつから白髪染めに変えたらいいの?

基本的なカラーシステム以外で何が違うのかといえば、着色したときの色味です。白髪染めが白髪のある人向けなのは、染め上がりが白髪と黒髪がなじんだ状態に色付くからです。
白髪がある人のほとんどが、黒髪と白髪が混じった状態です。白と黒という全く違ったものを同じ色に染めるのが白髪染めなんです。2剤式の白髪染めでは、1度脱色してから色素を入れていきます。その時に、黒髪を脱色しても、白髪のような真っ白にはなりません。黒髪は、薄い茶色になるくらいの脱色です。その後、薄い茶色の髪と白い髪を同じ色に染めるには、かなり暗めの色素がたっぷり必要になります。ですから、白髪染めでは明るい髪色にはなりにくいのです。
それに引き換え、おしゃれ染めの場合は、ブリーチ力が高いです。髪全体をしっかりとブリーチするので、明るいカラーに染め上げることもできます。
このように、白髪が混じっているかいないかで、仕上がりの色味が変わってくるのです。白い髪の毛をしっかり染めたいときは、白髪染めを選んだ方が無難ですね。

白髪染めとおしゃれ染めってどこが違う

しかし、市販や美容室での白髪染めやおしゃれ染めの着色成分は、主にジアミンと言われる成分が入っています。ジアミンは、髪が染まった後にも色抜けしない、数少ない成分なのです。しかし、その反面、毒性やアレルギー反応が指摘されております。敏感肌の人や妊婦さんへの影響も心配されているのです。
毛染めを選ぶ時には、なるべく天然由来成分や髪に優しい成分の白髪染めを選びたいものですね。

美容室でイメージを伝える方法

美容院に行って美容師さんに「今日はどうされますか?」と聞かれた時になんといって答えていますか?「白髪染めをお願いします」というだけでは、プロの美容師さんにもイメージが伝わらないのではないでしょうか?
例えばこんな感じに白髪を染めたいとかこんなカラーにしたいという仕上がりのイメージがあれば、上手に伝えるために「写真や画像」を用意するのもいいアイデアだと思います。中途半端なイメージで施術されるよりも、なりたい自分を正直に率直に伝えた方がいいです。私も伝えることが苦手で、仕上がりを見て頭が真っ白になったことや、がっかりしたこともあります。想像力は人それぞれですから、写真を見せた方が安心ですね。
100%思い通りの写真が見つからない時は、「こんな感じは絶対にイヤ」という写真を見せるのもおすすめです。何枚か見せることで、試行錯誤する時間が短縮されます。なりたい雰囲気や、自分らしさなどを事前に伝えておきましょう。失敗を予防するためにも情報はしっかりと伝えることがポイントですね。
白髪染めのヘアカラーを決める時に、自分で考えているカラーとプロの美容師さんが提案する色に違いがある時があります。普段通りのメイクやファッションで美容室に行くことで、自然に似合う色を見つけて勧めてくれます。
せっかく美容室で白髪を染めるのですから、仕上がりのイメージを伝えて、白髪染めがいいかおしゃれ染めがいいのかを尋ねてみましょう。白髪の量は人によって違いますから、自分ではおしゃれ染めと思っていても、白髪染めの方を勧められるときもあるでしょう。それほど白髪が多くない時には、おしゃれ染めの方がキレイに染まる時もあるでしょうし、しっかりと白髪を染めたいというイメージがある時は、白髪染めを選んだ方がいい時もあるでしょう。自分が何を一番重視するかによってチョイスは違ってくるかもしれませんね!

おしゃれ染めと白髪染めの違い

自宅でセルフ染めをするときは

家で自分で白髪を染める時には、プロの人のアドバイスはありませんから、白髪の量が多くて白髪をしっかりと染めたいときには、「白髪染め」を選んだ方がいいかもしれませんね。初めて市販の白髪染めを使うときには、髪質や放置時間や温度などによって仕上がりが違ってくるので説明書をよく読んでください。
一般的に髪の毛の柔らかい人は染まりやすくて、髪の毛の硬い人は染まりにくいと言われています。夏などの室温が高い時は染まりやすく、部屋の温度が低いと染まりにくいと言われています。染まりにくい硬い髪質の人は少し放置時間を長くしましょう。また、生え際や白髪が多いところは染まりにくいので、最初に塗布して放置時間を長めに調節しましょう。
自宅で白髪染めをするときに一番大切なことは、パッチテストをすることです。これから使う白髪染めでアレルギー反応が起きるかどうかを調べてから、安全に安心して白髪染めをしましょう。白髪染めの準備として、毎回48時間前から少量を皮膚につけて様子を見てください。パッチテストの詳しい方法は白髪染めの説明書に詳しく書かれていますから確認してください。
毎回パッチテストをするのが面倒な方には、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントのように、毎日素手で使用できる白髪染めもあります。これらは、髪の毛の表面に着色するタイプの白髪染めですから、1度でしっかりと髪色が真っ黒になることはありませんが、徐々に色が入っていきます。アレルギーが心配なジアミン系の酸化染料は使用していませんし、ツンとした嫌なニオイもなく準備も簡単ですから、若白髪の方からシニアの方まで人気です。白髪染めシャンプーは、放置時間がいらない一番簡単な白髪染めです。白髪染めのカラートリートメントは、ピンポイントでも使用できて、白髪染めシャンプーよりも早く色が入る実感がありますが、放置時間は必要になります。

 

【関連記事】
白髪用利尻カラーシャンプーは染まらない?
利尻ヘアカラーの成分とアレルギー
白髪染めシャンプーと使い心地
パーマと白髪染めシャンプー

 

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。