白髪染めを長持ちさせたい

白髪染めは、なるべく長持ちさせたいですね。白髪染めの美しいカラーを持続させる方法として大事なことは3つあります

  • 白髪染め後のヘアケアをしっかりとする
  • 白髪染め用のカラーを長持ちさせるシャンプーを使う
  • リタッチの頻度を少なくする工夫をする

詳しいことは後で書いていきます。

 

皆さんの白髪染めの頻度はどれくらいでしょう?できれば毛染めの回数は減らしたいですね。Beauty総研のアンケートによると、一般的に白髪染めをしている人は、男性約30%、女性約80%です。ここで問題になるのが、最初に白髪染めをした後のカラーの持ちです。色持ちが良くて、次のリタッチまでの間隔が長いほど、理想的です。髪の毛へのダメージも少なくなりますし、金銭的にもオススメです。

 

白髪染めのタイプや種類によって、それぞれ色持ちする期間が違ってきます。市販や美容室のヘアカラーや白髪染めなら、約2カ月間。ヘアマニキュアなら2週間から1ヶ月。ヘアカラートリートメントなら1週間前後。白髪染めシャンプーなら、毎日使うことで綺麗な色を保つ事が出来ます。白髪隠しなら、塗ったその日にシャンプーをしたら取れてしまします。

 

でも、効果的なお手入れをすれば、すぐに色が褪せていくのを回避することが可能なんです。

白髪染めを長持ちさる方法

白髪染め前と直後のヘアケア

美容室などで白髪染めをする日は、前日までにシャンプーを済ませておくのが基本です。ワックスやクリームなどのスタイリング剤は使わないようにしましょう。前の日のシャンプーは、頭皮をゴシゴシ擦って洗いすぎると、逆効果になります。シャンプーの刺激で頭皮を傷つけたり、必要な皮脂を取りすぎて、毛染めによる炎症をおこしたり、ジンジンしたりする原因になることがあるので、優しく洗髪してください。

 

過去に何度も染めた経験があって髪が傷んでいる場合は、1週間くらい前から特に念入りにトリートメントをして、栄養補給をしておきましょう。薬剤によるダメージを最小限にする事が出来るので、ハリやコシが失われにくくなり、色むらが出にくくなって、結果、色持ちも長くなります。カラーリング直前のトリートメントは、ノンシリコンを選んでください。シリコンなどのコーテイング剤は、薬剤の浸透がしにくくなってムラができてしまうからです。

 

白髪染め直後は、焦ってシャンプーしない方がいいようですが、汗をかいたときなどは、気分が悪くなりますから洗っても大丈夫です。また、直後にしっかりと薬剤を取り除き、キューティクルのダメージを回復するようなトリートメントなどをする方が、染料の色落ちを防ぐ事が出来ます。

 

カラーリング直後の髪はアルカリ性になっていて、キューティクルが開き、はがれやすくなっています。ですから、キューティクルの隙間から、染料や栄養成分や水分が抜け出しやすい状態です。シャンプーの度に染料が流れ出て、色あせや色落ちを感じるのはこれが原因です。

 

染めた後は、髪の毛にタンパク質を補えるような保湿効果の高いトリートメントでケアしましょう。美容室でもおねがいできますし、自宅で白髪染めをする場合は、トリートメントを塗布してホットタオルを巻き、ヘアキャップをかぶって10〜20分放置すると、浸透しやすくなりますから試してみてください。

白髪染めを長持ちさる方法

白髪染め用シャンプーとは

どんな白髪染めでも、染めた後に使うシャンプーの洗浄剤成分などの良し悪しによっては、かなり早く色落ちしてくることもあります。白髪染め後の髪は、染料の定着が不安定なので、とってもデリケート。ですから、洗浄成分が強いシャンプーはできるだけ避けて、アミノ酸系洗浄成分の低刺激シャンプーなどで優しくシャンプーしてください。

 

白髪染めを長持ちさせるには、まず、シャンプーをしっかりと選ぶことが大切です。市販の安いシャンプーには、石油系界面活性剤が使われている場合が多いので、洗浄力が強いと言えます。洗浄力が強いシャンプーを使用すると、白髪染めの色落ちを早めてしまいます。色落ちを早めるだけでなく、頭皮や髪に必要な皮脂や潤いまで奪ってしまう可能性があります。白髪染め用のシャンプーには、カラーケアシャンプーがおすすめです。

 

白髪染めの後のシャンプーを選ぶ時には、アミノ酸系洗浄成分のシャンプーがおすすめです。アミノ酸系洗浄成分のカラーケアシャンプーなら、やさしく洗浄してくれますから、色落ちを心配せずに使用できます。もちろん潤いを残しながら、汚れはしっかりと落としてくれます。白髪染めのアルカリ剤による髪のダメージを最小限にするためにも、酸性のアミノ酸系シャンプーでしっとりと洗い上げましょう。特に、白髪染め後の1週間くらいは、色が抜けやすいので、集中的にケアしてください。

 

シャンプーの温度は、38度くらいのぬるめが適温です。熱いお湯で洗うと、キューティクルがはがれて、色落ちの原因となります。ドライヤーを使わずに自然乾燥することは、髪へのダメージになりますから、しっかりと乾燥させましょう。ドライヤーの熱で髪が乾燥しすぎないように、洗い流さないトリートメントなどを塗って、水分の蒸発を防いでください。

 

白髪染めシャンプー人気ランキングはこちら
白髪染めトリートメント人気ランキングはこちら

リタッチの頻度を少なくする白髪染めのダブル使い

白髪染めを長持ちさせる方法

最近では、カラーケアシャンプーで白髪染めの持ちを良くしながら、リタッチの頻度を少なくする工夫を取り入れている方も多いのです。
もし、市販の2剤式の白髪染めや美容室での白髪染めをされているのであれば、できるだけ髪や頭皮へのダメージを少なくする工夫をした方がいいと思います。市販の白髪染めをする頻度を減らすことが、頭皮のケアにつながるからです。頭皮が健康でないと、髪の毛も活力がなくなっていきます。

 

そこで多くの方が始めていらっしゃるのが、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーとの併用です。美容室で白髪染めをしたあと、1週間もしたら根元の白髪が伸びてきて気になります。そんな時白髪染めシャンプーを併用していると、伸びてくる白髪が気になりません。また、白髪染めトリートメントを併用していると、ピンポイントで気になる部分をケアできるメリットがあります。お出かけ前に、生え際などの伸びてきた白髪が気になる時には、白髪隠しを使うのもいいですね。白髪隠しなら、いつでもどこでも簡単に使用できるので便利です。

 

アミノ酸系の白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントには、毛髪の傷みをケアする成分も含まれていますから、色持ちをよくすると同時に髪の毛のケアもできます。もちろん、ジアミン系の酸化染料が含まれていない、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントをメインに使う方も増えています。このように様々なアイテムを使って、白髪ケアをすれば、髪や地肌への負担を最小限にする事が可能なんです。いつまでもツヤのある綺麗な髪色でいられるように、刺激のない白髪染めライフを楽しみたいですね。

白髪染めの色を長持ちさせるヘアカラー用シャンプー

白髪染めシャンプーなどのヘアカラー用シャンプーを使えば、白髪染めが長持ちします。色落ちするのは仕方がないと思っていないで、シャンプーをかえてみてください。ヘアカラー用シャンプーは、マツキヨなどのドラッグストアで市販されていたり、通販などのネットでも購入する事が出来ます。白髪染めだけでなく、おしゃれ染めなどのカラーリングにも対応していますからスーパなどでチェックしてみてください。

ヘアカラー用シャンプー・カラーケアシャンプー

●ロート製薬 50の恵 カラーケアシャンプー
カラーケアできるシャンプーです。
染めた髪の毛の色を長持ちさせるリンスインシャンプー!ポリマーがキューティクルをコーティングして守ります。さらに髪の毛の染色剤をキープしながら洗い流します。

 

●コーセー スティーブンノル コレクション エクストラ カラーケア シャンプー EX
「うるおいキープ補修成分」配合で、ヘアカラーやパーマをくり返したダメージヘアの色落ちを防ぎながら、やさしく、なめらかに洗い上げるシャンプーです。
ヘアカラーをくり返して傷んだ髪も、使うたびに毛先まで滑らかにします。ヘアカラー直後の一週間のご使用は特におすすめの商品。

 

●資生堂 プリオール カラーケアシャンプー
ヘアカラーの色素も髪本来のメラニン色素も流出を防止するシャンプーです。色あせのない美しい髪色を持続させながら、ハリやコシも実感できます。艶やかな洗い上がりが評判です。

 

●ロゴナ カラーケアシャンプー
ヘナで染めている髪におすすめのシャンプーです。頭皮をマッサージするようにシャンプーします。ヘナの効果を持続させる藍やクルミのエキスが入っていて、染めを長持ちさせます。トリートメント効果のある成分配合で健康な髪へ導きます。

 

●P&G/プレミアムヴィダルサスーン カラーケアシャンプー
カラーリングでダメージを受けた髪を、たっぷりの泡でつつみ込むように洗う事が出来ます。髪の摩擦を極力抑えた処方です。

 

●自然派clubサスティ利尻カラーシャンプー
「洗う」と「染める」を1度に叶える新発想のシャンプーです!洗うたびに白髪が少しづつ染まって目立たなくなります。専用のコンデショナ―を使うとさらに色持ちがよくなります。

 

【まとめ】
白髪染めの染め上がりの効果を保つには、白髪染めの前と後のケアが重要です!カラーケアシャンプーを取り入れて、色落ちをさせないよう、できることを始めてみませんか?

白髪染めを長持ちさせることが髪のダメージを防ぐ

結論から言えば、「白髪染めは髪にダメージがある!」、だから白髪染めを長持ちさせることが、トータルで髪の負担やダメージをなくすことになるのです。白髪染めは1回では終わらないですから、きちんとヘアケアをしてあげましょう。

 

まずセルフで白髪染めをするときは、事前に髪の毛の汚れをしっかりと落としておき、しっかりと色が入りようにしておきましょう。白髪染めが入っていたパッケージの説明書きをよく読んで、決められた放置時間を守りましょう。放置するときには、100均で売っているようなヘアキャップをかぶって、頭皮温度を上げる方が発色よく染まります。染めた直後は、ゴシゴシと洗髪しない方がいいそうです。できれば市販の洗浄力の高いシャンプーよりも、白髪用のケアができるシャンプーを選択したほうがベターです。白髪染めの色持ちが違ってくるからです。毎日の生活で紫外線を防止するために、帽子や日傘などを使用しましょう。白髪染めの後は、髪の毛や地肌が敏感になっていて、紫外線の影響を受けやすいですから、髪が傷むと色落ちが進みます。

 

白髪染めをした直後にパーマをかけると、色落ちが早くなるのでなるべく避けましょう。1週間以上はあけた方がいいようです。白髪染めで毛髪のキューティクルが開いて、髪の毛のタンパク質や水分が失われがちですから、キューティクルの保護をしましょう。長時間のドライヤーは髪の乾燥を促進しますから、素早くしっかりと乾燥させる方がいいですね。
また今以上に白髪が増えないような対策をすることも、白髪染めの回数を減らすことにつながって髪のダメージが減り、色持ちがよくなることにつながります。
白髪を予防する方法はこちら

 

【関連記事】
ヘアカラーで白髪を染める
オハグロ式白髪染めで白髪を染める
ヘアマニキュアで白髪を染める
カラーリンスやカラートリートメントで白髪を染める
白髪染めシャンプーでで白髪を染める
ヘナで白髪を染める
ヘアマスカラで白髪を染める
白髪染めをするときの注意点
白髪染めの選び方

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。