市販のカラーリング剤は危険?

白髪染めシャンプーを使う前は、市販のカラーリング剤を使っていたこともあります。でも、市販のカラーリング剤について気になる報告がありました。年齢を重ねると、生え際や分け目の白髪が気になり、ドラッグストアなどで簡単に手に入るカラーリング剤で、おしゃれ染めをしたり白髪染めをしている方も多いと思います。それらのカラーリング剤は本当に安心できるのでしょうか?この問題は、平成27年の10月に消費者庁やNHKなどのマスコミで取り上げられたものです。

消費者庁の報告

消費者庁の報告によると、平成27年10月23日に、「毛染めによる皮膚障害」ということに関係する、事故などの原因調査をした報告書を公表しています。(消費者庁のHPはこちら)消費者庁には事故情報データバンクというものがあって、主に酸化染毛剤(医薬部外品)で髪の毛を染めたことによって皮膚の障害が起きたという事例が、毎年毎年、200件くらい登録されているそうです。もちろんこの数字は氷山の一角だと思われます。

市販のカラーリング剤は危険?

どのような皮膚障害がおきるの?

いったいどのような皮膚障害が起きるのか気になりますよね。消費者安全調査委員会が報告している「毛染めによる皮膚障害の事例」として、写真入りで載っていたのは、酸化染毛剤によるアレルギー性接触皮膚炎の患者さん、ヘアカラーリング剤に含まれるパラフェニレンジアミン(PPD・酸化染料です)が原因でかぶれた方々でした。
※酸化染毛剤やパラフェニレンジアミン(酸化染料)については、のちほど「ヘアカラーリング剤には種類がある」で説明しています。
美容室で毛染めをした1週間後に症状が出た方や、自宅で継続的に毛染めをしていて2年ほど前から徐々に腫れがひどくなってきた方の例もかかれていました。写真を見る限りでは、とても外出はできないようなひどい顔の腫れや赤み、耳のまわりのただれ、手指の腫れなどがありました。
毛染めによっておこる疾患で主なものは「かぶれ」などの皮膚炎ですが、まれにアナフィラキシーが起こることもあるそうです。皮膚炎の主な症状は、痛み、かゆみ、発赤、水泡などが徐々に広がっていくものだそうです。アナフィラキシーの症状は、蕁麻疹、皮膚の発赤、息切れ、咳、動悸、血圧の低下、めまい、嘔吐などだそうです。
どの場合も、原因物質との接触をなくすことが大切です。アレルギー性の疾患の場合は、一度治ってもまたアレルゲンに触れた場合は、アレルギー症状が現れるそうです。

酸化染料(パラフェニレンジアミンなどの成分)はアレルギーを起こしやすい

自宅で毛染めをした場合、多少の異常を感じても大したことはないと思い、そのまま何度も毛染めを続けていると、皮膚炎の症状が突然悪化してくることがありますから、注意が必要です!特にアレルギーを起こしやすい、酸化染料(パラフェニレンジアミンなど)を含む酸化染毛剤(医薬部外品)には気をつけましょう。
毛染はどれも同じと思っている方も多いと思いますが、ヘアカラーリング剤には各種バリエーションがあります。商品によって、薬剤や素材が異なります。ここでは、それぞれの仕組みや使い分け方法を調べてみました。

ヘアカラーリング剤には種類がある

髪の毛を染める時に使っているヘアカラーリング剤には、染毛剤とと染毛料があります。似ているようで違うので注意が必要です。

市販のカラーリング剤は危険?

染毛剤(医薬部外品)

これは今世界中で広く使われている毛染めです。1回でしっかりと染まりますが、有効成分の「酸化染料」によってかぶれることがありますので、毎回使用前にはパッチテストが必要です。
一般的に、ヘアカラー・ヘアダイ・白髪染め・おしゃれ染めなどと呼ばれているものは、染毛剤の中でも酸化染毛剤と呼ばれるものです。もちろん医薬部外品ですが、外装の箱の正面に大きく医薬部外品と書かれていない場合もあります。しかし、ヘアカラー1剤、ヘアカラー2剤などの成分表示のところには必ず医薬部外品と書かれていますので、ご自分が使用しているヘアカラー製品が、染毛剤(医薬部外品)かどうかを見極める時の基準にしてください。
また、オハグロ式白髪染め、ヘアブリーチ、ヘアライトナーなども医薬部外品にあたります。
【重要】医薬部外品や化粧品の中で、使用する消費者に対して毎回必ずパッチテストをするように求めているものは、染毛剤だけです!つまり、アレルギーの危険度が高いということです。

染毛料(化粧品)

これらは繰り返し染めても髪の傷みはあまりないタイプの毛染めです。ほとんどの製品は使用前のパッチテストはいりません。
一般的には、ヘアマニュキュア、カラートリートメント、カラーリンスなどと呼ばれているものです。
一時的に色素を着色する、ヘアマスカラ、ヘアファンデーション、ヘアカラースプレーなども染毛料(化粧品)の仲間です。これらは、かぶれや髪の傷みはほとんどありません。

私達消費者ができること

酸化染毛剤(医薬部外品)のリスクを理解する

ヘアカラー・白髪染め・おしゃれ染め・ヘアダイなどは、酸化染毛剤(医薬部外品)で、酸化染料を含んでいるためアレルギーを引き起こしやすいです。また、今までずっと毛染めをしてきて、特に何も感じたことがない方も、継続的に酸化染料を使うことで、アレルギー症状が出ることがあります。
そのため、酸化染毛剤(医薬部外品)を使用する前には、毎回パッチテストが必要です。酸化染毛剤(医薬部外品)を使って異常を感じた時は、アレルギー性接触皮膚炎の可能性がありますから、すぐに酸化染毛剤(医薬部外品)の使用を中止して医療機関などを受診しましょう。

リスクの少ない毛染めを使う

ヘアマニュキュア、カラートリートメント、カラーリンス、ヘアマスカラ、ヘアファンデーション、ヘアカラースプレーなどは、酸化染料(パラフェニレンジアミンなど)が含まれていません(全ての方にアレルギーがおこらないというわけではありません)。繰り返し染めても髪の傷みはほとんどないので、これら染毛料(化粧品)での毛染めがおすすめです。白髪染めシャンプーは、ヘアマニュキュアタイプの白髪染めで、染毛料(化粧品)です。白髪染め用ヘアカラートリートメントも同じくヘアマニュキュアタイプです。

市販のカラーリング剤は危険?

親としてできること

10代の若い女性や男性が毛染めをしてオシャレを楽しんでいるのを見かけますが、年齢が低いうちからヘアダイなどの酸化染毛剤(医薬部外品)で毛染めを行うことは避けた方がいいでしょう。若いうちから何度も酸化染料(パラフェニレンジアミンなど)と接触すると、アレルギーになるリスクが高くなるからです。若い子供を持つ保護者の方は気をつけたい問題です。
消費者庁では、「子ども安全メール」というものを配信しています。このメールは、消費者庁の「子どもを事故から守る!」ための取組プロジェクトの一つとして実施されているものです。「子ども安全メール」は登録すればどなたでも見る事が出来ます。

消費者庁子供安全メール画像

 

その「子ども安全メール」として配信されたものの中に、「子供の毛染めは控えましょう!」(2015年 12月 3日付)というものがありました。(子供安全メール「子供の毛染めは控えましょう!」はこちら)毛染めで接触皮膚炎になることがあるということを親御さんが認識し、子供たちに安易に毛染めをしないよう注意喚起しています。
特に、ヘアカラーリング剤の中で最も広く使用されている酸化染毛剤(ヘアカラー、ヘアダイ等と呼ばれる)に注意が必要で、その他の毛染め剤と比較すると、アレルギー皮膚炎を引き起こしやすいと書かれています。
子どもたちの皮膚は、大人と比べると未熟でデリケートですから、化学物質の影響を受けやすくなっています。ただ、かわいいからとかおしゃれだからとかいう理由で、安易に子供に毛染めをすることは避けたいものですね。

 

【関連記事】
簡単な白髪染めはシャンプータイプです
簡単白髪染め!トリートメントタイプも人気です

 

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。