ヘアマニキュアとは?

美容室でもできるヘアマニキュア。マニキュアという言葉が入っているので、「髪の毛用のマニキュア」と考えていいのではないでしょうか?
ヘアマニキュアとは、1回使うことで酸性染料と言われる色素が髪の内部(表面部分だけ)にまで浸透して色を付けるものだそうです。ヘアカラーのように酸化染料が入っていないので、髪の毛の色を脱色することなく、染めていく毛染めです。酸化染料が入っている染毛剤(ヘアカラー・ヘアダイ・白髪染め・おしゃれ染めなど)は、酸化染料が髪の毛の中に浸透して、内部で酸化されて発色して、色を定着させる仕組みになっています。
酸化染料が入っている染毛剤は医薬部外品ですが、ヘアマニキュアは、化粧品に分類されています。

黒髪に色を付けるのは難しい

ヘアカラーやおしゃれ染めとは違って、ヘアマニキュアは繰り返し使っても髪の毛にダメージがあまりない毛染めです。アレルギーもほとんどありませんが、色持ち期間は、2週間から1カ月と短くなっています。白髪に使用すると自然な感じの色がつきます。黒髪に使用するとニュアンスが変わる程度の色がつきます。ヘアカラーのように劇的に髪色を明るくすることは難しいです。
1度ヘアマニキュアをした後、シャンプーをするたびにだんだんと色が褪せて生き、もとの色に戻ります。髪を傷めることが少なく毛染めができるのがヘアマニキュアです。

短期間の変身にピッタリ

ヘアマニキュアをすると、髪の毛をコーティングして手触りも良くなり、ハリやコシやツヤ感も出ます。手軽にできて、ちょっと髪を染めたいときに使えます。もちろん自宅でも簡単にできます。一番のメリットは、2週間程度で簡単にもとの髪色に戻ることです。高校生が夏休みだけヘアマニキュアしたり、就活生が髪の色を調整するときに使ったり、イベント期間だけ髪の色を変えるなどの使い方ができるのがいいですね!

ヘアマニキュアとは

ヘアマニキュアは、髪のダメージが気になる方や、短期間だけ毛染めをしてまたもとの髪色に戻したい方に人気があります。正式には、半永久染毛料(セミパーマネントヘアカラー)と言われています。

ヘアマニキュアのデメリット(欠点)!

髪の毛にダメージが少なく、アレルギーもほとんど心配ないと評判のヘアマニキュアですが、使い勝手の悪いところはないのでしょうか?ヘアマニキュアのデメリット(欠点)を考えてみました。

使用前には身支度が必要

ヘアマニキュアを自宅でセルフでしようと思ったら、まずは事前準備が必要です。
頭髪に整髪料やスタイリング剤をつけていたり、髪の毛がかなり汚れている場合や油っぽい時は、まずシャンプーをしなくてはいけません。毛髪に汚れなどがついている時にはヘアマニキュアの効果が薄くなるからです。予洗いをして清潔な状態にした後、完全に髪を乾かしてからヘアマニキュアを使用していきます。ヘアマニキュアは必ず乾いた髪に塗布しなくてはいけないので注意してください。
染めている時に、うっかり床などが汚れないようにするために、新聞紙などを周りに敷きましょう。洋服・壁・家具・床・浴室・浴槽・タイルなどについてしまった時には、すぐにふき取るか洗い流さないと汚れは落ちない場合がありますし、素材によっては汚れが取れない時もありますから、染める場所選びは慎重にしましょう。
洋服は万が一汚れてしまうことも考えて、もったいなくない衣類で、脱ぎ着のしやすい「前あき」のものにしましょう。
首筋から肩にかけて、ケープまたは汚れてもいいタオルでガードしてください。髪の毛は、ヘアマニキュアを使っている時に顔にかからないように、オールバックのような感じで全体を後ろにとかしておきます。
顔と髪の境目や首筋にかけて、コールドクリームなどを塗って保護したほうがいいです。耳や耳の裏側にもしっかりと塗っておくと、液が垂れた時にはじくので予防になります。
ヘアマニキュアは髪の毛にダメージが少ないとは言え、天然素材ではありませんから、素手で扱うことはできません。必ず手袋が必要になります。手袋の手首のあたりに輪ゴムをすると、ズレなくて上手に自分で染める事が出来ます。
これらの事前準備を面倒だと思う方もいるでしょう。シャンプーから始めるとなると、30分くらいは簡単に経過するかもしれませんね。

ヘアマニキュアのデメリット

意外と難しい生え際や根元

おしゃれには欠かせないヘアケアですが、白髪を隠したいところといえば、生え際や分け目などの伸びてくる白い毛ですよね。プロの方に美容室で白髪染めをしてもらうと綺麗に染まりますが、市販のヘアマニキュアを使って染める時には失敗したくないものです。
ヘアマニキュアを使うときには、鏡を見ながら白髪の気になる部分から塗布していきます。付け残しがないように、髪に泡をなじませていきますが、これが結構難しいです。髪の毛をタテ・ヨコ・ナナメととかしながら全体になじませるとき、一生懸命やりすぎて、ヘアマニキュアが頭皮や肌についてしまう時があります。そのような時にはすぐにティッシュペーパーでふき取りますが、うっかりしていると色が落ちにくくなります。
特に生え際や分け目などは、たっぷりと使うと地肌につくし、少量だとムラが出来るので、コツがいるようです。一番気になる部分の白髪が染まらなかったら、ショックは大きいですね。
頭皮にもみこんだりすることはNGです。もし頭皮や手や肌についてしまって、石鹸で落ちない時は、リムーバーを使って軽くたたくようにしてふき取ると取れます。無理してゴシゴシこすると肌を痛めるので注意してください。

放置時間が必要

ヘアマニキュアを髪につけてから15分くらいは放置しなくてはいけません。待っている時間は、あちこち移動することは避けて、手や肌に色がついていないか確認することをお勧めします。
時間が来たら、手袋をしたままよくすすいで、シャンプーやコンディショナーで整えます。洗髪後は、濡れた状態では色が多少落ちる可能性がありますから、タオルドライの時は気をつけましょう。完全にドライヤーなどで乾かして仕上げます。
就寝中に汗をかくと枕に色うつりする時もありますから、古いタオルなどで枕をカバーするのもいいですね。

退色が早い

ヘアマニキュアは髪の表面をコーティングするものですから、シャンプーのたびに徐々に色が落ちていきます。
1度ヘアマニキュアをした後、1週間くらいたった時にもう一度ヘアマニキュアを重ね塗りすると、色を長持ちさせる事が出来るそうです。1日に何度も重ね塗りをするよりは少し間隔をあけた方がいいようです。ヘアマニキュアを頭部に塗布したときは、すぐにシャワーキャップやラップで髪の毛を密閉したほうが色が良く入ります。髪の毛をカバーすることを忘れないでください。
ヘアマニキュアを使ったその日は、シャンプーやトリートメントを控えた方がいいようです。ゴシゴシ洗ってしまうとせっかく染めた染料が定着しないうちに退色してしまいます。なるべくお湯だけで洗うなど、工夫してみてください。
市販の洗浄力が高いシャンプーを使っていると、色落ちが早くなる原因になります。また、朝と夜に2度洗いするなどの洗いすぎも良くありません。洗浄力の優しいアミノ酸系のシャンプーに変えたり、カラーリング後専用のシャンプーやコンディショナーに変えてみるのも、色落ち対策になります。

ヘアマニキュアタイプで素手で使える白髪染めもある

最近人気の白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントは、素手で毎日使う事が出来る白髪染めです。ヘアマニキュアタイプで髪の表面に着色する白髪染めで、徐々に色がつくものです。ヘアカラーのようなジアミン系の酸化染料も使用していませんし、シリコン・タール系色素・香料・パラベンなども無添加のものがほとんどですから、どのような年代の方でも安心してヘアケアができます。

素手で使える白髪染め

 

白髪染めシャンプーは、いつものシャンプーを白髪染めシャンプーに変えるだけの白髪染めです。1回のシャンプーですぐに変化はありませんが、3日目くらいから少しづつ色が入っていき、2週間くらいで(個人差あり)色がついた実感があります。素手で毎日つかえて、待ち時間がいらない一番手軽な白髪染めです。
白髪染めトリートメントは、入浴中に使う事が出来て、濡れた髪にも乾いた髪にも効果があります。髪や地肌にも優しく、アレルギーやかぶれやかゆみを心配される方に支持されている商品となっています。最初の3日間くらい連続して使うことで、染まった実感があります。その後は1週間に1〜2回の使用でキープできます。白髪染めトリートメントは、気になる部分の白髪をピンポイントで染めることもできます。
白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントは、ツンとするニオイが嫌な方や、髪の傷みが悩みの方や、美容院での白髪染めの間隔を長くしたい方などにも評判です。
これらの特徴は、値段が安いこと、伸びてくる根元の白髪ケアが毎日できること、素手で簡単に使えることです。毎日のシャンプーを白髪染めシャンプーに変えたり、白髪染めトリートメントを今までのコンディショナーの代わりに使ったりするだけで白髪染めが完了するので、煩わしい準備がいらず、後片付けの必要がありません。天然の昆布の成分やハーブなどがトリートメント効果を発揮して、ツヤツヤ・サラサラの仕上がりになると人気です。
白髪染めシャンプーなどは、若白髪が気になる学生さん、子育てで忙しいママ、身だしなみを整えたいビジネスマン、美容室に行きたくないシニアの方など、男性女性年齢を問わずに人気のある白髪染めです。色味はブラックだけでなく、明るいブラウン系など様々ですから、40代50代の白髪だけでなく、若白髪や、20代30代のちらほら白髪対策にもOKです。市販のヘアカラーを若い時から使い続けると、アレルギーになるリスクが高くなりますから、その予防策としてもおすすめです。
素手で使える白髪染めについてはこちら

 

【関連記事】
ヘアカラーで白髪を染める
オハグロ式白髪染めで白髪を染める
カラーリンスやカラートリートメントで白髪を染める
白髪染めシャンプーでで白髪を染める
ヘナで白髪を染める
ヘアマスカラで白髪を染める
白髪染めをするときの注意点
白髪染めを長持ちさせる方法
白髪染めの選び方

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。