どうして白髪になるのでしょうか?

髪の毛は、毛母細胞によって毛髪が作られる途中で「メラノサイト」という色素を形成する細胞が働きによって色がつきます。髪の毛の色を作り出す細胞「メラノサイト」の働きが悪くなったり、「メラノサイト」の細胞が死んでしまうと白髪になります。この「メラノサイト」が働くために必要な物質が「チロチシナーゼ」で、これが減ると「メラノサイト」の働きが悪くなり、白髪の原因になります。

白髪になる原因

白髪になるパターンは何通りかあります。
@加齢などでメラノサイトが衰えて、髪の毛が生え変わってくるときに白髪になる場合
Aメラノサイトの活動が少しづつ衰えていき、髪の毛の成長期の途中でだんだんと白髪になっていく場合。
B病気などの特別な原因で、メラノサイトの活動が止まって、急に白髪になる場合。
@とAについては、一般的な白髪と言えますが、Bの場合では、原因が改善された場合、元の黒髪がまた生えてくる可能性があります。

白髪の原因

現代でも白髪の原因は100%解明されているわけではありませんが、白髪の原因をあげてみます。

1.加齢によるもの

多くの人が加齢によって白髪になりますが、いつから白髪になるかには個人差があります。日本人の場合は、30歳を過ぎたころから少しづつ白髪になると言われています。男性と女性では、男性の方が早く白髪に気がつき、だいたい30代前半でハッキリと白髪を認識するようです。女性の場合は少し遅くて、30代後半くらいになります。

2.遺伝

白髪になりやすい人となりにくい人ではどこが違うのでしょうか?若白髪と言って10代や20代で白髪が出る人もいますが、これらも遺伝的要因が強いと言われています。しかし、遺伝については解明されていない部分もあります。白髪になりやすいとかなりにくいというのは、遺伝的な要素もあると考えられます。

3.精神的ストレスなど

映画の中の話ですが、「生きているまま棺桶に入れられて地中に埋められて、数日後に棺桶から救出されたときには、髪の毛が真っ白になっていた・・・」というストーリーもありますね。こんなことは起こらないとはいえ、過度のストレスや精神的苦痛、ダイエットなどによる栄養状態の不良、薬の副作用や代謝障害によって白髪になることが知られています。身体に過剰なストレスがかかると、毛細血管が収縮します。血液が細部にまでいきわたらなくなると、毛母細胞の働きを悪くする原因にもなりますね。栄養不足は体にとってのストレスになります。良質な栄養をまんべんなく取れるように、日頃から注意したいものです。ファストフードやコンビニ弁当などは、なるべく続けないようにしましょう。

4.血行不良

「メラノサイト」の働きが悪くなる原因として、血行不良があります。タバコを吸う人は吸わない人よりも4倍白髪になりやすいと言われています。タバコを吸うことで、血管が収縮されて頭皮が血行不良になり、白髪になりやすくなるのです。
血流を悪くするような食生活(インスタント食品・添加物の多い食品)などはなるべく避けるようにしましょう。
また、ストレスによっても血行不良はおこります。ストレスは血管を収縮させるので、血行不良を招きますが、私達は日常ストレスと向き合っていますから、ストレスを上手に解消する方法を考えていきましょう。何事もくよくよしないで、気分転換をしながらストレスと上手に付き合いたいですね。

白髪の原因

紫外線

髪の毛があるから、頭皮には紫外線の影響は少ないと思っていませんか?実は、頭皮は太陽の方向に向いていますから、紫外線のダメージを受けやすくなっています。太陽光線に含まれる紫外線によって、細胞が老化することは知られていますね。紫外線は、頭皮にある色素細胞(メラニンを作る)にも悪影響を与え、DNAを損傷させる原因にもなりますから、できるだけ避けるようにしましょう。
日にあたらないと「脚気」になると学校で習いましたね。確かに日光は体内でビタミンDを作る手助けになりますからとても重要ですが、紫外線にあたりすぎることは良くありません。紫外線の浴びすぎは、日焼け・シミ・シワさらには、悪性の腫瘍や白内障などを引き起こすこともありますし、白髪とも関係があるのです。
皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層からできています。表皮は人間の皮膚の一番外側にあって、メラニン色素を作る色素細胞や免疫機能の役割を果たす細胞なども表皮内にあるのです。ですから頭皮に浴びる紫外線によって色素細胞へのダメージが引き起こされることになるのです。
紫外線の浴び過ぎを防ぐためには様々な方法がありますが、頭皮への紫外線予防としては次のことがあげられます。地域や個人によって紫外線の影響は異なってきますが外出時は以下のことに注意しましょう。

  • 紫外線の強い時間帯は外出を控える

    紫外線は太陽の位置が最も高くなる時に一番強くなります。ですから紫外線の強い時間帯を避けて屋外に出るようにしましょう。

  • 日影を利用する

    外出している時には、日影を利用すると紫外線の量が少なくなります。紫外線は太陽から直接来るものだけではなく、地面に反射したり、空気中に散乱したりしたものもありますから、直射日光を浴びていないからと言って、紫外線がゼロになることはありません。

  • 日傘をさしたり、帽子をかぶる

    真夏でどうしても外出しないといけないことも多いですよね。そのような時は、UVカット効果の高い日傘や帽子を利用しましょう。麦わら帽子のようなつばの広い帽子は紫外線予防効果が高いですが、空気中に散乱している紫外線などには有効ではありません。

  • 衣服で体を覆う

    最近ではフード付きや指先まである袖の洋服も増えています。太陽にすかした時、太陽が透けて見えないような目がつまった生地でできていたり、濃い色味の洋服がいいとされています。UVカット加工がされているものもたくさん販売されています。

  • 日焼止めを使う

    近年では、スプレータイプの日焼け止めで、頭皮や毛髪にスプレーできるものがありますから上手に利用したいですね。


  • 日光は一年中降り注いでいますから、自分や家族の紫外線対策に気をつけてください。

5.女性特有の原因

初潮・出産・閉経の時期には、血流の影響もあって白髪になりやすいと言われています。いずれの時期にも、メラノサイトへの栄養や血液補給より、優先される場所があるので、白髪になることがありますが、規則正しい生活でストレスマネージメントをすれば、白髪を予防することは可能です。

出産後の白髪対策

出産後白髪が増えたという人をよく聞きます。「20代はたま〜に白髪を見かけても気にならなかったけれど、出産後に増えてきて気になる」という意見が多いですね。家族に聞いてみると、実は母親も30代から白髪染めをしていたことがわかったりします。出産後は育児に追われて大変で、美容室に行く時間の都合がつきません。昔なら市販の白髪染めをすることになるのでしょうけれど、今は、様々な白髪染めが販売されていますから選択肢が多いですね。今日だけしのぎたいなら白髪隠し、髪や頭皮のダメージを考えるならヘアマニュキュアや白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントなどの刺激が少ないものがいいでしょう。子供たちが成長するとともに、親の出事も多くなりますから、見た目も気になりますよね。毛根が傷つくので、間違っても白髪を抜くのはやめましょう。
妊娠・出産は女性のホルモンバランスが変化する時期です。エストロゲンという女性ホルモンは髪の育成にかかわっていますが、そのホルモンバランスが崩れたり不安定になったりするのも、出産後の時期だそうです。その影響で、メラノサイトが衰えると、白髪が増える原因になることがあります。また、子育ては本当に大変ですから、十分な睡眠がとれなかったり、自分の食事の栄養バランスが崩れたり、育児のストレスが大きかったりすることも白髪と関係あるのかもしれません。
様々な環境の変化で、メラノサイトの活性化が失われてしまうことは、白髪の原因になります。できるだけメラノサイトを守る対策を意識して過ごしたいですね。子供のことに気を取られて自分の紫外線対策がおろそかになると、紫外線が頭皮へ刺激を与えて、メラノサイトに悪影響を及ぼします。過度なストレスをなくすために、育児や子育てのことを相談したり、協力をお願いできる友達や身近な人を見つけて、子育てのための良い環境づくりをしていきましょう。産後ダイエットが流行っていますが、妊娠で増えた体重を一気に減らそうとする過度なダイエットなどは控えた方がいいでしょう。髪の毛や頭皮へ十分な栄養が運ばれてくるのは、身体の重要なパーツの後になりますから、しっかりと栄養に注意して産後を過ごしてください。大切な赤ちゃんへの栄養を母乳で与えているのですから、栄養価の高いものをバランスよく摂取したいですよね。
白髪ができてしまったら、そのままでいいという人もいますが、白髪を見るたびにストレスを感じるのであれば、白髪目立たないようなお手入れをすることをおすすめします。

男性の髪は見られている?

子供たちがカッコイイお父さんに求めているもののトップは「髪型」だそうです。また、女性が男性の白髪をどう思っているかというと、「老けて見える・疲れているようだ」などというネガティブな意見も多いです。
しかし、男性は「別に染めなくてもいい」と考えている人もいる反面、若さをキープするために気を配っている方もいます。白髪染めをする人の割合は、男性よりも女性が多くなっています。
通常、白髪染めは、何年も続けるものですから、成分や効果や副作用などにも気を配っている方が増えています。頭皮や髪の毛にダメージが少ないタイプの白髪染めが人気となっています。簡単に手に入る市販の白髪染めよりは、無添加で利尻昆布などのエキスが配合されたものが選ばれるようになってきました。自然な色に白髪が染まって、薄毛などの対策にもつながるトリートメントタイプやシャンプータイプが今では主流です。刺激のある白髪染めを続けると、毛髪が細くなったり薄毛になったりする原因にもなります。個人差はありますが、長い目で見て自分にピッタリの白髪染めを探してください。男性の方は、ほとんどの方がブラック(黒)を選ばれますが、女性のためにも色展開は豊富になってきています。

白髪染めシャンプーの色展開

 

天然成分などを主体とした白髪染めは、頭皮などにより安全で、素手で使用することもできるものです。市販の白髪染めやおしゃれ染めとは違いますので、まずは一度体験されてみるのがいいでしょう。初回限定での割引や、返金保証などのキャンペーンも行われています。お風呂で簡単に使えて刺激臭もなく、白い髪色が気になる人の問題を解決してくれます。
しっかりと染料が髪に入るヘアカラーの欠点は、今の時点まで何の皮膚炎もなくても、ある日突然ジアミンなどに反応してひどいアレルギーになるかもしれないという危険性があることです。症状が出てからでは手遅れで、もう2度と同じヘアカラーを使うことはできなくなります。特に、体調が不良の時には注意をしなくてはいけません。
ジアミン系の酸化染料が配合された市販の白髪染めなどで頭皮にかゆみや異常が出る人が多い中、同様の悩みや苦しみを抱えた人のために、徹底的に研究を重ねて開発されたのが、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントなのです。
白髪染めシャンプーも白髪染めトリートメントもどちらも髪の表面に色を付着していくタイプの白髪染めですから、今すぐに黒い髪にしたいときには向きません。徐々に、ゆっくりと染まっていくところが髪や地肌のダメージを少なくしてくれているのです。

 

【関連記事】
白髪を予防する方法
白髪を抜くと白髪が増える!
若白髪になる原因は?
白髪になるともう黒髪には戻れない?

 

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。