白髪染めシャンプーが不向きな人とは?

白髪染めシャンプーが不向きな人とはどのような人でしょうか?白髪染めシャンプーは、一番簡単な白髪染めですが、目的によっては不向きな場合があります。どんな時に白髪染めシャンプーを使わない方がいいのか、ポイントを紹介いたします。

髪全体を明るい色にしたい人

髪の毛全体を明るいライトブラウンなどに染めたいときには、白髪染めシャンプーは向いていません。
白髪染めシャンプーは、毛髪の表面に着色するタイプの白髪染めですから、多少は黒髪の表面に着色しますが、もともとの黒い色が強いため、表面に着色した色は黒に負けてしまいます。しっかりと頭髪全体のカラーを変化させたい場合は、どうしても1度黒髪の色を抜いてから、新たに好きな色で染めていく方法がベストだと思います。この方法は、美容室や市販の白髪染めでは、ヘアカラーの部類の「おしゃれ染め」や「白髪染め」になります。これらは1度脱色をしますから、楽に綺麗な明るい色に染める事が出来ます。

白髪染めシャンプーが向かない人

1度でしっかりと染めたい人

どうしても1度でしっかりと染めたい人、すぐに白髪に色を入れたい場合は、ヘアカラー・白髪染め・おしゃれ染めなどがおすすめです。白髪染めシャンプーでは、1度で深く染まりません。
リーズナブルな市販のヘアカラーを使い、自宅で1度でしっかりと染めたい場合は、ジアミンの皮膚アレルギーにならないように、48時間前にパッチテストをしましょう。
市販の白髪染めより、美容室の白髪染めの方が品質が高いと言われていますが、お値段も高額になります。予約の手間などがかかりますが、美容院なら、液が付着する心配もいりませんし、失敗しないで染められます。

ピンポイントで白髪染めを使いたい人

ピンポイントで白髪染めを使いたい人はどうしたらいいのでしょうか?白髪染めシャンプーは、シャンプータイプですから、「分け目だけ」とか「生え際だけ」とか「白髪が目立つところだけ」を染めるには、向いていません。
部分白髪染めならば、マスカラタイプやスティックタイプの白髪染めが、肌に優しいタイプでも販売されています。今日出かける時だけの白髪ケアなら、シャンプーして落とす事が出来る白髪隠しで大丈夫でしょう。
今日だけでなく、いつも白髪が目立つところをピンポイントで染めたいなら、ジアミンが入ったヘアカラータイプもしくは、ヘアカラートリートメントでしょう。ヘアカラートリートメントは、染まった実感がわくまでに3回くらいはかかりますから、予定がある少し前から染め始めるといいです。それとは違って、ジアミンが入っているヘアカラーなどは、1度染めたらしっかりと染まるのでアレルギーが無ければすぐに染められます。

白髪染めシャンプーが向いている人とは?

白髪染めシャンプーが向いている人とはどのような方でしょうか。調べてみました。

準備に手間をかけたくない人

白髪染めってとても面倒ですよね。市販の白髪染めを自宅でセルフでしようと思ったら、まず準備が必要です。まず、体調のいい日を選んびます。体調が悪い日だと思ったように綺麗に染まらなかったり、ムラになったりする恐れがあるからです。
2剤式の白髪染めは、染める時に周りの家具や床や洋服や皮膚に、白髪染めが飛び散らないようにするために、新聞紙・ケープ・耳カバー・コールドクリームなどを用意しなくてはいけません。そして後片付けも必要です。待ち時間は動くことができませんから、緊張して有効には使えません。日常生活の中でこんなに大変なことはあまりないでしょう。ですから子供のいない時間帯や、みんなが寝静まった夜中などにする方が多いのです。
白髪染めシャンプーは、シャンプーですからこのような準備も後始末もいりません。シャンプーしながら白髪ケアまでできます。本当にカンタンに浴室で使う事が出来ますから、白髪染めの準備に時間をかけたくない方にはピッタリです。

放置時間が面倒な人

白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントは、ジアミン系の酸化染料は含まれていないヘアマニキュアタイプの毛染めです。ですから敏感肌の方にも人気なのです。
しかし、白髪染めトリートメント(ヘアカラートリートメント)は、放置時間が必要になります。目安は15〜20分です。特に、染め始めの時には、長めに放置する方が色がキレイに入ります。トリートメントは乾いた髪にも濡れた髪にも両方ともに使えますから、冬場の寒い時期には入浴前にヘアカラートリートメントを塗布しておくと、待ち時間を有効に使う事が出来ます。
でも時間に追われている人には、なかなか放置が億劫ですよね。そんな人のために誕生した白髪染めシャンプーなら、放置時間はゼロです。

白髪染めシャンプーが向いている人

突然真っ黒に染めたくない人

突然真っ黒の髪の毛になってなんだか不自然に見えることもあるかもしれませんが、効率よく最短の時間で白髪を染めるなら、市販のヘアカラーや、美容院が最強でしょう。白髪のメンテナンスに費用をかけて美容室で白髪を染めると、1度で綺麗に染まります。
しかし、1回の白髪染めで色がしっかりと入るためには、ジアミン系の酸化染料が必要です。ジアミン系の酸化染料でアレルギー反応をあらわす方も少なくなく、それが一般の白髪染めの欠点と言われています。そのような中、色々な実験や試行錯誤を繰り返して誕生したのが、白髪染めシャンプーやヘアカラートリートメントと言われる商品なのです。髪や地肌に優しい白髪染めとして、芸能人や女優さんに評判となって、大ヒットしています。どちらにも共通して言えるのが、少しづつ染まっていくことです。染まるのに日数はかかりますが、美容室よりもリーズナブルなお値段で白髪染めが出来ます。
染上がりも自然な色味で違和感がありませんから、「染めたでしょう?」と冷やかされることもありませんよね。急激に色が変わるということは、強い薬剤が使われているという証拠ですから、身体に良くない白髪ケアをしたくないという方は、白髪染めシャンプーなどを選択してみてください。

伸びてくる白髪が気になる人

美容室での白髪染めは、綺麗に1回で染まりますが、毛染めの間隔をあけないといけません。その場合、白髪染めの後に伸びてくる白髪のケアが問題になります。1ヶ月間で人の髪の毛は約1センチ伸びると言われていますから、分け目の白髪などはかなり目立ってきます。
それとは異なり、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントは、天然の染料などで白髪を染めていくもので、しかも髪の毛の表面に着色する方法の白髪染めです。ですから、毎日使用する事が出来て、素手で使うことも可能です。手についたシャンプーやトリートメントは石けんで洗えばすぐに落とす事が出来ます。
キレイな髪色をキープすることで、見た目年齢にも大きな差が出ます。市販の白髪染めで間隔をあけてケアする時と、毎日シャンプーやトリートメントで白髪ケアする場合を比較したら、伸びてくる白髪のケアには、白髪染めシャンプーやヘアカラートリートメントが向いているのがわかります。伸びてくる白髪をこまめにケアしたい人には、白髪染めシャンプーなどがおすすめです。
白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの比較説明はこちら

 

【関連記事】
白髪用利尻カラーシャンプー
黒耀(こくよう)シャンプーQS&黒耀ヘアパックQS
螺髪輝(らはつかがやき)シャンプー&トリートメント
白髪染めシャンプー【グローリン・ワンクロス】
白髪染めシャンプーを効果的に使う方法

 

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。