白髪染めを選ぶ時どうしていますか?

白髪染めを選ぶ時、何を基準に選んだらいいのか迷ってしまいます。コスト、時間、頻度、ダメージ、カラーなど様々な判断材料があると思います。何を一番重要視するのかは、人それぞれです。今では、以前と違って、白髪染めの種類もたくさんありますから、ますます悩んでしまいます。

白髪染めを選ぶ時

 

ここでは、白髪染め選びに迷ってしまわないように、白髪染めの選び方をシミュレーションしています。簡単な質問に答えていくと、あなたにピッタリの白髪染めが見つかりますよ。

白髪染めシミュレーション

【質問】
あなたは敏感肌(髪や地肌のダメージが気になるほう)ですか?

 

YESの方はこちら

 

NOの方はこちら

白髪染めといえば、従来は2剤式がメインでした。2剤式の白髪染めは、ツンとくる嫌なニオイがあったり、頭皮に刺激があったり、髪の毛がパサパサになったりなどと、マイナスのイメージがあります。それらを我慢して白髪を染めることが、オシャレなんだと信じていませんか?
白髪染めは、一生に一回だけするものではありません。ずっと繰り返しするものですから、髪や地肌にダメージの少ない白髪染めがあればベストですよね。敏感肌の方は特にそう考えているでしょう。

白髪染めの種類

そもそも白髪染めってどのような種類があるのでしょうか?まずそこから悩んでしまいますね。様々な白髪染めが販売されていますし、美容室でも白髪染めは選ぶことが可能です。まずは白髪染めの種類を知るところから始めましょう。

白髪染めヘアカラー

これは1剤と2剤を混ぜて使用するもので、混ぜ合わせることで効果を発揮します。通常ドラッグストアなどで市販されているものです。店頭で白髪染めコーナーに行けば、すぐに目につきますし、誰でも簡単に購入する事が出来ます。高額ですが、美容院でも施術は可能です。
白髪染めヘアカラーの特徴は、1度の白髪染めで劇的に綺麗に染まることです。色もしっかりと髪の毛に入りますし、美容室で染めてもらうとさらにむらなく仕上がります。薬局などで買うと費用も少なく安くつくので、リーズナブルで人気です。白髪を染める間隔は1〜2カ月に1度くらいと、頻度は少なめです。こまめに白髪ケアをしたくないずぼらさんでもOKですね。
しかし、薬剤でしっかり染まり、綺麗な髪が長続きする分、髪や頭皮へのダメージが気になります。ゴワゴワな髪にならないよう十分アフターケアをしましょう。白髪染め独特のツンとくるニオイや、事前の準備に時間がかかることや、手袋をして長い放置時間を待つ面倒さはあります。成分に、ジアミン系の酸化染料が配合されています。毎回使用前には、パッチテストをしてください。

白髪染めは、自宅と美容室どっちがおすすめ?

白髪染めヘアマニキュア

髪や肌にほとんど負担がかからない白髪染めです。ドラッグストアで販売しています。料金もそれほど高価では無くリーズナブルです。
ジアミン系の酸化染料は使われていませんから、白髪染めでかぶれや皮膚炎をおこすアレルギーの心配は低いです。髪や地肌へのダメージは少なく優しい処方ですが、手袋は絶対に必要です。肌に色がついた場合すぐにリムーバーで落とさないと落ちにくくなります。
ただし、根元や生え際をしっかりと染めるにはかなりプロ並のテクニックがいるようですから、自宅で自分でするときは注意が必要です。また、色持ちはそれほど長くありません。使用するシャンプーにもよりますが、だいたい2週間くらいで色落ちしてきます。
ヘアマニキュアはセルフでも美容室でもどちらでもする事が可能です。

白髪染めトリートメント

最近の白髪染めで人気のある商品です。白髪染めのわずらわしさを無くし、トリートメント効果も加えた白髪染めです。ヘアカラーとは白髪染めの仕組みが違い、新聞紙やケープや耳カバーや手袋といった面倒な準備がいらない白髪染めです。お風呂で入浴中にさっとできて、髪の毛や肌に負担が少ないので評判になりました。
1度で劇的に髪の色が変わることはありませんが、継続して使うとカラーがついたと実感できます。最初は数回連続して使用することがおすすめです。その後は、週に1〜2回の使用でキープする事が出来ます。毎日素手で使えます。
ジアミン系の酸化染料は入っていませんから安心です。

白髪染めシャンプー

毎日のシャンプーを、白髪染めシャンプーに変えるだけの白髪ケアです。洗髪と白髪染めの両方が同時にできるので人気です。白髪染めが億劫で苦手という方にも、楽に白髪がケアできる商品です。
急に真っ黒になる白髪染めと違って、徐々に色がついていきます。周りから気づかれにくく、ばれにくい白髪ケアといえます。髪の表面に着色する方式ですから、アレルギーが心配な方でも、毛髪や地肌に優しい処方です。毎日素手で使えますし、手についた色も石けんで落とす事が出来ます。カラーバリエーションも色々とあって、ブラック以外にもブラウン系が豊富です。
次に美容室へ行くまで補助的に使われる方や、美容院に行くのをやめたい方など、幅広い層に人気です。

白髪染めは、自宅と美容室どっちがおすすめ?

白髪染めは、自宅と美容室どっちがおすすめ?

白髪染めをする場所も選ぶ事が出来ます。白髪染めを美容室でするか自宅でするかによって、時間や準備作業や金額が変わってきます。自分の都合のいい時に白髪染めをしたいなら絶対にセルフですが、相談しながらカラーリングをしたいときは美容師さんと話すのもいいですね。
髪や地肌へのダメージが気になる場合でも、美容室か自宅かの選択はできます。美容師さんに相談して、ジアミンなしの白髪染めをしてもらうか、自分でジアミンフリーの白髪染めを購入するかは、ライフスタイルによって変化します。
友達から情報を集めることもいいですし、ネットで検索してもいいでしょう。とにかく調べたり試してみて、自分で答えを見つけることが大事です。何を重要視するかによって結果は変わってきます。お財布と相談したり、肌が敏感かどうか家族に聞いてみたり、体調を考えてみたり、スピードなのか安全なのか、自分にとって一番合った白髪染めを見つけてください。
どのような白髪染めを選んでも、説明書はよく読んだり、美容師さんから説明を聞いたりしてください。パッチテストが必要な時は必ず事前にしてから、白髪染めをしてくださいね。(皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の方法と動画

【白髪染め豆知識】

白髪がある人の中で白髪染めをする人はどれくらいだと思いますか?女性は3人に2人、男性は5人に1人だそうです。
女性が身だしなみを気にするのは当然のたしなみと思われますが、男性の白髪に対する意識はどうなのでしょうか?男性は女性よりも、白髪に対してポジティブにとらえているようです。「白髪があっても気にしない」と考えたり、「自然体でいたい」から白髪染めをしない人が多いと考えられます。しかし、女性から見たら男性の白髪は、「歳よりも老けて見える」「苦労をしているように感じる」などとマイナスなイメージを持つ人も多いのです。

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。

白髪染めの選び方記事一覧

ノーマル肌ですね。敏感肌(髪や地肌のダメージが気になるほう)でない人の白髪染めを探しましょう。あなたへの質問です。この質問に答えれば、おすすめの白髪染めが見つかります!白髪染めシミュレーション【ノーマル肌の方への質問】白髪染めにかかる時間やコスト(お金)を節約したいですか?YESの方はこちらNOの方はこちら敏感肌かどうかは、今まで何かにかぶれた経験があるかないということも関係がありますが、全ての薬...

敏感肌(髪や地肌のダメージが気になるほう)ですね!あなたへの質問です。この質問に答えていただくと、おすすめの白髪染めが見つかります!白髪染めシミュレーション【敏感肌の方への質問】白髪染めにかかる時間やコスト(お金)を節約したいですか?YESの方はこちらNOの方はこちら今まで何かにかぶれた経験があったり、アレルギー反応があったりすると白髪染めの成分や安全性が気になりますよね。自分がそうでなくても家族...

【普通肌で時間やコストを節約したい人におすすめの白髪染め方法】白髪染めの時間を節約するならすべてが入浴中に完了するコレ白髪染めシャンプー白髪染めシャンプー人気ランキングはこちら白髪染めトリートメント白髪染めトリートメント人気ランキングはこちら白髪染め染めのコストをカットするなら、準備が必要ですがが1度でしっかり染まるコレ市販の白髪染めやおしゃれ染め市販のヘアマニキュア普通肌(特に敏感肌と感じない)...

敏感肌の方の中で、白髪染めにかかるコストや時間が気にならない方におすすめの白髪染め方法美容室でのヘアマニキュア美容室でのヘナ(植物アレルギーの心配がない方)自宅での白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメント白髪染めシャンプー人気ランキングはこちら白髪染めトリートメント人気ランキングはこちら時間もコストも気にならないなら、美容室でのヘアマニキュアです。美容室を予約したり、出かけて行ったり、料金として...