白髪染めシャンプーはどうして男性に人気があるの?

シャンプーで白髪染めをしている男性が増えています。どうしてメンズに人気が出ているのでしょうか?
男性も女性と同じく、同世代の人の白髪には関心があるそうです。特に同窓会などへ出席したときには、いちばん気になるかもしれませんね。
最近では「ワンランク上のメンズの身だしなみ」として、白髪を染めるという目的だけでなく、身だしなみの1つとして考えられるようになってきています。さらに言えば、白髪を自然に隠すことで、行動や気持ちにハリが出て、前向きになる事が出来るアイテムの一つともいえるようです。
そもそも、白髪染めには、男性専用の白髪染めはあるのでしょうか?

白髪染めシャンプーはメンズに人気

女性用の白髪染めはテレビ CM や広告でよく知っていますが、男性専用の白髪染めは存在しているのでしょうか?
最近は、市販で男性用の白髪染めも販売されています。メンズビゲンやサロンドプロなどをご存知の方も多いと思います。一般的に男性用白髪染めの成分は、女性用と変わりはありません。男女兼用として販売されているものもあるくらいです。
それでは一体どこが違うのか比べてみましょう。女性用の白髪染めには女性が好む香りが付けられている場合が多いです。男性の白髪染めには、派手な香りがなかったり、短い髪の男性にも使いやすいようなコームが付属品としてついているようです。男性用の市販の白髪染めには、2剤式の混ぜるクリームタイプ、泡やムースのプッシュタイプなどがあります。
男性が好む白髪染めのポイントについて考えてみましょう。

  • 手間がかからない
  • 時間がかからない
  • 髪にダメージが少ない
  • イメージは変えたくない

これらの条件を満たすものが白髪染めシャンプーなのでしょうか?

手間も時間もかからないのがメンズに人気!

特に男性にとって、白髪染めの手間は最小限にしたいものです。
男性用と女性用の市販のヘアカラーの取り扱いは同じですので、白髪を染める前に事前準備が必要です。アレルギー反応を起こさないようにパッチテストをすることや、新聞紙・手袋・耳カバー・ケープ・コールドクリームなどの準備が結構大変です。早染めと言われる市販のものでも医薬部外品ですから、染めるとなったら2日前からパッチテストが必要になるのです。
これに比べて白髪染めシャンプーのような染毛料と言われるものは使い方も簡単です!
近年、注目されているのは、地肌や頭皮や髪の毛にやさしいタイプの白髪染めです。髪や頭皮にやさしいタイプの白髪染めは、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなどがあります。白髪染めトリートメントには放置時間が必要ですが、白髪染めシャンプーは待ち時間はいりません。本当に手間のかからない白髪ケア商品です。

髪や頭皮への負担をゼロに近づけたい

白髪染めによる髪の毛や地肌へのダメージは最小限にしたいものです。
毎日シャンプーの代わりに使うだけで白髪を少しずつ染めてゆく白髪染めシャンプーなら、刺激のあるツンとしたにおいもなく、新聞紙や手袋やケープなどの準備が必要ありません。アレルギーの原因となるジアミン系の酸化染料を使っていませんから、毎回パッチテストをする必要もないので、いつも素手で使用する事が出来ます。

白髪染めシャンプーはメンズに人気

 

アミノ酸系の洗浄成分で、髪の毛を洗ってすすぐだけで、優しく洗い上げながら徐々に髪を染めてきます。髪の毛をケアする成分も入っていますから、髪にハリや腰も出ます。安い市販のシャンプーは洗浄成分が強くて、髪の毛がドライになることがありますし、シリコンが配合されているためサラサラになったと勘違いしてしまいます。
ただし、一度で染まる市販の白髪染めとは違い、白髪染めシャンプーは、染まったという実感が沸くまでには、1週間から2週間はかかります。ですから、今すぐ真っ黒な髪にしたいという人には向かないかもしれません。
一度で白髪を染めたいと思う人には不向きですが、髪の毛や地肌へのダメージが少ないというところが大きなメリットです。染まったと思ってからも毎日使い続けることで、だんだんと伸びてくる根元の白髪をケアすることもできます。市販の白髪染めや美容室での白髪染めで一番気になるのが伸びてきた白い毛が徐々に目立ってくるということですが、その対策としても白髪染めシャンプーは有効だと思います。
毎日使うことで価格が比較的高くなると思う方もいると思いますが、白髪染めにかかる費用や時間を考えると、使ってみる価値があるのではないでしょうか。なんといっても、朝の短いシャンプーの時間で白髪染めができることが、男性の方に人気がある理由です。

自分のイメージは変えたくない男性におすすめ

今までの自分のイメージを保ちながら清潔感や好感度をアップするために、白髪染めを活用したいですよね!
白髪染めをするとしたら、しっかり真っ黒に染まる白髪染めよりも、自然なグレーの髪や黒い髪にしたいと思っていらっしゃるメンズが多いです。ですから、手軽に染まるコンディショナー・リンス・トリートメント・シャンプータイプのものが人気があります。
シャンプータイプのものもトリートメントタイプのものも、ご夫婦で一緒に使われてる方も多いです。特にメンズには、一番簡単な白髪染めシャンプーが人気です。白髪のところだけが茶色くなったり、不自然に真っ黒になったりすることがなく、少しずつ着色するところがいいですね。会社の人や友達に「髪染めましたね!」と毎回聞かれるのも面倒くさいですからね。
ちらほら白髪が気になり始めると、女性と話している時も、「白髪を見られているのかな」と気になってしまいます。鏡を頻繁に見るようになったり、清潔感があるかどうか気になったりします。何だか急に老けたような気もします。友達に「苦労してるんだな」と心配されたりもします。そんなことばかり考えていても、白髪は黒髪に戻ったりしないので、好印象を与える「ショートヘアの黒髪」を目指すほうが健康的です。
会社関係の人や女性からも好感度が高いことが男性としても求められる時代です。白髪が増えているのに、全くケアしていない男性は、好感度が低くなるかもしれません。女性から見て男性に重要だと思われることは、「清潔感」や「さわやかさ」だといわれています。どんなに仕事ができても、第1印象が悪ければポイントは低くなります。それは結婚などの出会いに関しても、言えることだと思います。できるなら嫌われずに良い第1印象をと思い、白髪ケアをされる方も増えています。
年齢は戻ることはありませんが、身だしなみを整えることで、若いルックスを保つことはできます。白髪が目立ちすぎるとかなり苦労してるような印象与え、最終的にはデメリットになるのではないかと思います。

初心者にも安心!髪と頭皮に優しい白髪ケア

好感度を保つための白髪染めなら、何でもいいというわけではありません。市販で売ってる安物の白髪染めを繰り返し使ってると、むしろ髪の毛にダメージがたまってきます。髪が乾燥してゴワゴワしたり、艶がなくなったり、地肌が痒くなったり、薬剤がしみたりとトラブルは多様です。そのようなダメージをできるだけ減らすために、白髪染めシャンプーやトリートメントなどを有効に使うと良いでしょう。初めて白髪染めをする方も、気軽にトライできそうです。

白髪染めシャンプーはメンズに人気

 

白髪染めシャンプーなどは化粧品に分類され、医薬部外品の市販の白髪染めより、やさしい成分でできています。白髪染めシャンプーは毎日素手で使うことができ、ヘアカラーのように毎回パッチテストの必要はありません。ジアミンによって起こるアレルギー性皮膚炎の心配もないので、安心して使うことができます。
女性にとっての白髪染めはイベントのような感じですが、男性にとって白髪染めは面倒な時間と感じる人が多いかもしれません。それでも、できる限り簡単で、髪に負担の少ない白髪染めを探してらっしゃるメンズが多いのです。そのような男性にとって、白髪染めシャンプーは理想ではないでしょうか。
周りに気づかれずに、徐々に白髪に色をつけていき、ダメージは最小限。「急に染めるのは周りの目が気になる」というメンズにとって、抵抗なく始めやすい白髪染めだと思います。染めるのをやめたいと思った時には、シャンプーを使うのやめるとだんだんと色が落ちていくので、元の髪に戻すのも簡単です。ほとんどの商品が、アミノ酸系洗浄成分を配合していて、やさしい洗い上がりになりますから、試してみるのもいいですね。

 

【関連記事】
白髪用利尻カラーシャンプーは染まらない?
利尻ヘアカラーの成分とアレルギー
白髪染めとおしゃれ染めの違い
白髪染めシャンプーと使い心地
パーマと白髪染めシャンプー

 

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。